入院準備だいたい完了!私が用意した陣痛バッグ&入院バッグ&退院バッグの中身紹介~

どうも、ねむママです。
妊娠9ヶ月に入り、ゴールデンウィークにだいたいの入院準備が完了しました。

不幸中の幸い?で、先月切迫早産で入院していたときに、入院部屋の環境をばっちり確認できたのと、実際に産後で入院していた人たちに、「あれも必要だった~」なんて話も聞けたので、良い感じに揃えられたのではないかと思ってます。

ということで、私が準備した物のリストを紹介しますね~(^_^)

私の出産準備品リスト〜新生児期に最低限必要そうなものだけ揃えました

2018.06.01

私の出産に伴う入院準備リスト紹介

まず入院準備にあたり、私、あまり大きなバッグを持っていなかったので、バッグは3つに分けることにしました。
なので、①陣痛バッグ(陣痛中に使いそうなもの中心)②入院バッグ(入院生活で使いそうなもの中心)③退院バッグ(退院頃に必要なもの中心)に分けて、陣痛がきて病院に行くときは、①陣痛バッグと②入院バッグだけ持っていき、③退院バッグは入院中に旦那さんに持ってきてもらう予定です。

ではそれぞれのバッグの中身紹介します~

①陣痛バッグの中身

<私の産院で用意してもらえるもの>
■出産直後パット
■ナプキンLサイズ&Mサイズ
■出産時に着るワッフルガウン

陣痛バッグの中身リスト
□ 母子手帳
□ 保険証
□ 診察券
□ 財布
■ ナプキン夜用7枚
■ おりものシート5枚
■ シュシュ(髪の毛まとめるもの)
■ ミニタオル(陣痛中の汗拭き)
■ リップクリーム
■ ハンドクリーム
■ 汗拭きシート
■ アルコール除菌ティッシュ
■ ペットボトル用ストロー
■ 水500ml 2本
■ 軽食(ウイダーinゼリー、クリーム玄米ブラン)
■ ホッカイロ

※自分のチェック用ですが、□はまだバッグに入れていない(直前に入れる予定の)もので、■が既にバッグに入っているものです。

ナプキンとおりものシートは、産院で用意してもらえるということなんですが、切迫早産で入院していたとき産後の人から、「陣痛中に破水していたのでナプキンを大量に使って、産後の悪露用がなくなってしまった。追加でもらえないか聞いたら、あらかじめ支給された枚数以外のナプキンをもらうとプラス料金がかかると言われた」と話していたので、自分でも多めに持っていくことにしました。
これでも足りるかちょっと心配だけど、ナプキンって意外とかさばるのでこれ以上入りませんでした。。

リップクリームは、色々な人の体験談を見ても必須そう(必死に口呼吸をしていると唇が渇くから)なので、いつも持ち歩いているものだけど、忘れないように新しいの買って入れておきました!

軽食については、陣痛の長さによっては、これだけじゃ足りないかもしれないので、その場合、旦那さんがいれば、おにぎりとか追加で買ってきてもらおうかと思ってます。

②入院バッグの中身

<私の産院で用意してもらえるもの>
■産褥ショーツ1枚
■ナプキンLサイズ&Mサイズ
■おしりふき
■おむつ(38枚入り1パック)
■ピュアレーン試供品
■スリッパ
■パジャマ
■タオル(お風呂用)
■シャンプー&リンス&ボディソープ
■臍緒箱

入院バッグの中身リスト
□ ブラジャー(授乳用)4枚
□ 産褥ショーツ4枚
□ 通常ショーツ3枚
□ トコちゃんベルト
■ むくみとり靴下
■ 歯ブラシセット
■ コップ(うがい用)
■ 母乳パッド(試供品3枚のみ)
■ ガーゼ(20枚ほど)
■ ガーゼタオル(5枚)
■ 化粧水、クレンジング、ボディクリームなど(すべて試供品で5日分)
■ おむつ予備10枚

※自分のチェック用ですが、□はまだバッグに入れていない(直前に入れる予定の)もので、■が既にバッグに入っているものです。

入院期間は通常分娩なら4泊5日なので、ブラジャーは日数分、ショーツは産褥ショーツと普通のショーツ合わせて予備含めて多めに持っていく予定です。

母乳パッドは迷ったんですが、どの種類が自分に合うか使ってみないとわからなかったので、まだ買わずに入院中は赤ちゃん本舗などでもらった試供品と、あとはガーゼやガーゼタオルを持参して代用しようと思ってます。
どうしても必要そうだったら途中で買ってきてもらう予定。

おむつについては産院で準備してもらえると書いてあったんですが、これも切迫早産で入院中に得た情報で、産後の方が「うちの子おむつ替えが頻繁で、もらったおむつ38枚がもうなくなっちゃった。追加で欲しいと言ったら追加料金かかるみたいでしたよ~」と話していたのを聞いたので、あらかじめ予備を持っていくことにしました!
こういうことって、実際に入院した人の話聞かないとわからないですよね(^^;)追加料金は嫌だなぁ。

あとは、産後のむくみや腰痛対策として、コちゃんベルトと着圧靴下も持参します!使う余裕があるかはわからないけど…

↓トコちゃんベルトは私は妊娠中の今も毎日使ってますが、腰痛知らずで締め付けもちょうど良くておすすめです!特に産後の活躍に期待!


 

↓産前にむくみがあんまりなかった人でも、産後は出産や授乳で体の水分バランスが崩れることで、痛いくらいに&ぞうさんの足みたいに(>_<)むくむ人も結構いるらしいので、むくみ対策はしっかりしようと思います!こういう着圧靴下は、あれば産前産後以外にも使えますしね。

③退院バッグの中身

退院バッグの中身リスト
■ 赤ちゃんの肌着1枚
■ 赤ちゃんのセレモニードレス1枚
■ おくるみ1枚
■ おしり拭き
□ 自分が退院の日着るワンピース(授乳口つき)
□ 退院の日のメイク道具
□ 現金(出産&入院費用が現金払いなので)

退院バッグの中身は、退院の日に自分と赤ちゃんが着る服が中心です。

おくるみは、私はこういう↓感じのおくるみとして以外にも、ブランケットやベビーカーでの移動中の日除けなどにも使えるものを2枚買って、そのうち1枚持っていく予定です。

 

あと、退院時に着る自分のワンピースは、特にキレイめな服とかではなく、ふつうのワンピース(まさに下↓の商品)にする予定です。
ちなみにこれ、妊娠中も着れるので今もよく着ているんですが、安いのにかわいくって着心地も良くてオススメです♪

【Blume】授乳口 ファスナー 楽々 マタニティ ワンピース ロング 春 夏 ボーダー (L)

新品価格
¥2,380から
(2018/5/8 11:54時点)

入院準備でちょっとだけ工夫したこと

最後に、私が入院準備でちょっとだけ工夫したことを紹介します。
それは、各バッグのポケットに、「バッグに入れるものリスト」が書かれたメモ用紙を入れておき、すでに入っているものはチェックしてあるようにしました。
見づらいですけど、こんな感じです。↓

こうしておけば、万が一、外出時にそのまま入院することになって自分でバッグを持ってこれなかったとしても、旦那さんにメモ帳を見てまだ入っていないものを追加した上で持ってきてもらうことができるので。
あとは、自分で準備するにしても、陣痛が始まって冷静さを欠いていたとしても、リストがあれば、あと何を入れたら良いかわかりやすいかなと思いやってみました。

さて、少しずつ準備ができてくると、いよいよだな~という感じ!
果たして陣痛はいつやってくるのかなぁ。

私の出産準備品リスト〜新生児期に最低限必要そうなものだけ揃えました

2018.06.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。