妊娠初期の胃痛・胃もたれは何が原因?妊娠初期の胃のトラブルの対処法も紹介!

こんにちは。ねむママです。

妊娠すると、つわりで代表的な吐き気以外にも、胃痛や胃もたれなど胃のトラブルを感じる人は多くいます。
胃痛や胃もたれは、妊娠初期に限らず全妊娠期間を通してよく起こる症状ですが、今回は特に妊娠初期に特化して、胃のトラブルが起きやすくなる原因や、対処法を考えてみたいと思います!

妊娠後期~臨月の胃痛や胃もたれはなぜ起きる?出産間近の体の変化も影響!

2018.02.19

安定期なのに?!妊娠中期に胃痛や胃もたれがひどい原因と6つの対処法

2018.02.16

妊娠初期の胃痛・胃もたれなど胃のトラブルが起きる3つの原因

妊娠初期は、まだお腹のふくらみもほとんどなく、見た目では体の変化を感じづらいですが、体の中は赤ちゃんを育てるために急速に変化しています。よって、胃痛や胃もたれなど、胃の調子が悪くなることもよくあることなんです。
妊娠初期に胃痛や胃もたれが起きる原因として考えられることを3つ紹介します。

原因① 妊娠と同時に増える女性ホルモンの影響で胃腸の動きが弱まる

女性の体は、受精卵が子宮内膜に着床して妊娠すると同時に、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌量が増加し始めます。
このプロゲステロン(黄体ホルモン)は、子宮内膜を分厚くして妊娠状態を継続させるなど、妊娠にとってとても重要なホルモンですが、同時にさまざまな体の不調を招く作用もあります。

その作用の一つに、胃腸の機能を低下させることがあります。プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加すると、胃腸が食べ物を消化吸収する機能が低下してしまうため、食べ物が胃の中に長くとどまってしまい胃痛や胃もたれを引き起こします。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠してから出産間際まで増加し続けるため、胃腸の機能の低下は妊娠中ずっと続くことになります。妊娠して間もない妊娠初期は特に、それまでの快調だったときからの変化が大きいため、胃痛や胃もたれを敏感に感じてしまうことがあります。

妊娠超初期症状が生理前の症状と似ているのはなぜ?ホルモンバランスから徹底解説!

2018.01.16

原因② つわりのストレスや運動不足で胃腸の機能が乱れる

妊娠初期ならではの原因としては、つわりで体調が悪いことに対するストレスや、体調不良であまり体を動かすことができない運動不足が原因で、胃腸の機能が乱れている可能性があります。

体がストレスを感じると、自律神経が乱れて胃腸の働きも乱れてしまいます。
また、体の水分・血液循環を良くして胃腸が活発に働くためには、適度な運動が重要です。よって、運動不足に陥ることも、胃腸の調子を悪くしてしまう原因になってしまいます。

原因③ 少しずつ子宮が大きくなり胃が圧迫される

妊娠をすると、胎児の成長に伴い少しずつ子宮が大きくなってきます。すると、大きくなった子宮に胃が圧迫されて胃の容量が狭くなるため、それまでよりも胃痛や胃もたれを感じやすくなってしまいます。

これは、妊娠初期よりも妊娠中期、妊娠後期と子宮が大きくなるにつれて、より胃痛・胃もたれを悪化させる原因となることです。
しかし、妊娠初期でも妊娠4ヶ月目頃になると、子宮は新生児の頭の大きさくらいになり、下腹部が少しふっくらとしてきます。よって、その頃から、つわりが軽くなってきたと思ったら次は胃痛や胃もたれが始まった…という妊婦さんもよくいます。

妊娠初期の胃痛・胃もたれにおすすめの5つの対処法

妊娠初期は、ただでさえ吐き気や倦怠感などつわりの症状に悩むことが多いので、胃痛や胃もたれは少しでも軽減して楽になりたいですよね。
妊娠初期の胃痛・胃もたれを落ち着かせるための、おすすめの対処法を5つ紹介します。

対処法① 一度にたくさん食べ過ぎない

妊娠中は胃腸の機能が低下しているので、一度にたくさん食べてしまうと、消化吸収が追いつかずに食べ物が胃に残留することで胃痛や胃もたれを引き起こしてしまいます。

特に妊娠初期はつわりの影響で、規則正しく食事が摂れずに、調子の良いときにどかっと食べてしまうようなこともあるかもしれませんが、そうすると後で胃痛や胃もたれに苦しむことになる可能性が高いです。
できるだけ一度の食事でたくさん食べずに、1日5~6回に分けても良いので少量ずつ食べるようにすると良いでしょう。

対処法② できるだけ消化に良いものを食べる(つわりで食べられるものが限られている場合は別)

胃腸の働きを助けるためには、できるだけ消化に良い、お粥やうどん、野菜の煮物や温かい野菜スープなどを食べると良いです。
ただし、妊娠初期はつわりの影響で消化に良いものを選んで食べられないこともあると思います。そんなときは無理せずに、食べられるものを食べることを優先して構いません。

つわりのときは、温かい食べ物は匂いが強いためあまり好まれませんが、さっぱりとしたヨーグルトや果物は、つわり中も比較的食べやすく、消化にも良いためおすすめですよ。

対処法③ 食後はすぐに動かずゆっくり休む

食後にすぐに活動をすると胃痛や胃もたれを起こしやすくなってしまいますので、食後30分ほどは胃の消化を促すためにもなるべく横になってゆっくりと休むと良いでしょう。

消化が悪く胃もたれを強く感じる方は、右を下にして横になると胃の食べ物が腸に流れやすくなります。よく、お腹の大きい妊婦さんは、左を下にして寝たほうが血流が悪くならず楽だと言いますが、妊娠初期の段階ではまだ気にする必要はないでしょう。

対処法④ 食後すぐに眠らない

上の対照法③で紹介したように、食後にゆっくりと休むのは良いのですが、そこでぐっすりと眠ってしまわないよう注意しましょう。食後すぐに胃が食べ物を消化する前に眠ってしまうと、胃の消化機能も停止してしまい、寝起きにひどい胃もたれを感じてしまうことがあります。

特に妊娠初期のつわり中は、眠気がひどい方もいると思いますが、胃の調子が悪い場合は、食後30分ほどはなるべく眠らずに休んで、食後30分~1時間程たってから眠るようにすると良いでしょう。

対照法⑤ 食事中に水を飲みすぎない

食事中に水を飲みすぎると、胃の中の食べ物を消化するための胃酸が薄まってしまい消化が遅くなる原因になります。よって、食事中は、食事以外からの水分補給はほどほどにし、食後30分~1時間程たってから水やお茶などを飲んで水分補給をすると良いと言われています。

ただし、妊娠中の水分補給は胎児の成長にとっても非常に重要ですので、食事中以外のタイミングでは積極的に水分補給を心がけるようにしましょう。

まとめ

妊娠初期の胃痛・胃もたれについて原因と対処法を紹介しました。
胃痛・胃もたれの原因は、ほとんどが妊娠初期独自の原因ではなく、妊娠中期・妊娠後期にもありうるホルモン変化や子宮の圧迫が原因でした。

よって、胃痛や胃もたれは妊娠初期以降も続く可能性がありますので、今のうちにしっかりと対処法を身につけておけると良いですね。
私ねむママは、食後すぐに眠らないというのと、食事中に水分を取りすぎないという2点ができておらず、胃もたれがつらくなってきてこの2点を実践すると、胃の不調が解消されました。

みなさんも、自分の胃痛や胃もたれを悪化させている原因を見つけて、解消法をぜひ実践してみてくださいね。

妊娠後期~臨月の胃痛や胃もたれはなぜ起きる?出産間近の体の変化も影響!

2018.02.19

安定期なのに?!妊娠中期に胃痛や胃もたれがひどい原因と6つの対処法

2018.02.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。