妊娠初期の腹痛が気になる!生理痛との違いは?流産や異所性妊娠の危険性はない?

妊娠初期に腹痛が起きると、「もしかして流産?!」「妊娠したと思ったけど生理が始まっちゃう??」と不安でいっぱいになりますよね。
私ねむママも、どんな腹痛だと危険で、どんな腹痛だと問題がないのか、よく調べていました。

そこで今回は、妊娠初期の腹痛について、腹痛が起きるそもそもの原因や生理痛との違い、流産など危険な症状の見分け方などについて、調べたことをまとめたいと思います!

妊娠後期の腹痛に注意!早産や下痢が原因の場合も?陣痛の種類と見分け方も!

2018.03.07

妊娠中期の腹痛は早産の兆候の可能性もある?!妊娠中期の腹痛の原因と5つの対策

2018.03.05

妊娠初期の腹痛の原因は?緊急性の低いよくある3つの原因について

妊娠初期の腹痛と聞くと、流産など良くない状況をイメージしがちですが、妊娠したことで起こるさまざまな体の変化の一つとして、腹痛を感じるのはよくあることです。
まずは、緊急性の低い、妊娠初期によくある腹痛の原因を3つ挙げます。

原因① ホルモンバランスの変化により胃痛や便秘・下痢が起きやすいため

妊娠をすると、妊娠状態を維持するために黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの分泌量が増加します。
このホルモンには、胃や腸の筋肉を弛緩させて、その働きを鈍くしてしまう作用があります。よって、妊娠すると胃痛や胃もたれ、便秘や下痢といった消化器官の調子が悪くなりがちになります。

さらに妊娠初期は、つわりが始まり吐き気や嘔吐を繰り返してしまう人もいます。吐き気や嘔吐で胃腸に負担をかけることで、さらに胃や腸の調子が悪くなり、時には痛みを感じてしまう原因となってしまいます。

原因② 骨盤周辺の靭帯が緩みはじめるため

妊娠すると、赤ちゃんのいる子宮を大きくするために、その周りにある骨盤も徐々に広がっていきます。
骨盤が広がると同時に、骨盤の周りにある靭帯も緩みそして広がります。この骨盤周りの靭帯が緩むときに、下腹部痛や足のつけ根が引っ張られるような痛みを感じる場合があります。

骨盤の靭帯の痛みは、より子宮が急速に大きくなる妊娠初期終盤~妊娠中期にかけて特に起こりやすいと言われています。しかし症状は人によって差があるため、妊娠初期の早い段階から、この痛みに悩まされる人もいます。

原因③ 子宮が大きくなることで他の臓器が圧迫されて痛みを感じるため

妊娠初期の段階は、まだあまりお腹のふくらみを外から感じることはありませんが、赤ちゃんのいる子宮はどんどん大きくなっています。
非妊娠時はニワトリの卵くらいの大きさの子宮が、妊娠3ヶ月目で男性の握りこぶしほどの大きさに、妊娠4ヶ月目には子どもの頭くらいの大きさになります。

妊娠初期の間でもこれだけ一気に子宮が大きくなることによって、子宮の周りにある胃や腸などその他の臓器が圧迫されてしまいます。
その圧迫に伴い、下腹部に違和感を感じたり痛みが生じるケースがあると言います。


妊娠初期の腹痛だと思ったら生理痛?!妊娠初期の腹痛と生理痛との違い

妊娠初期によく感じる腹痛は、生理のときに起こる生理痛をよく似ているとも言われています。
よって、妊娠超初期の段階だと、いつもの生理痛が始まったと思い、妊娠したことに気がつかないというパターンもあります。
妊娠初期の腹痛と生理痛が似ているのはなぜなのでしょうか。また、妊娠による腹痛と生理痛との違いはあるのでしょうか。

妊娠初期の腹痛と生理痛が似ている理由

妊娠初期に腹痛が起きる原因はいくつか考えられますが、その理由の一つに、ホルモンバランスの変化が挙げられます。
妊娠すると、いくつかの女性ホルモンの分泌量が増加しますが、そのうち、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンは、胃腸の機能を低下させ、腹痛を引き起こす原因となります。
そして、この黄体ホルモン(プロゲステロン)は、通常時は生理が始まる前約1週間程の間、分泌量が増加します。よって、生理が始まる前に下腹部痛を感じる人がいると思いますが、その痛みと、妊娠初期に感じる下腹部の痛みの原理が同じため、似ている場合があるということです。

また、妊娠初期の腹痛も、生理痛もどちらも子宮の変化を原因とする痛みの場合が多いです。子宮の痛みは下腹部痛につながりますので、そうした理由でも妊娠初期と生理痛は、同じような場所に痛みを感じるというわけです。

妊娠超初期症状が生理前の症状と似ているのはなぜ?ホルモンバランスから徹底解説!

2018.01.16

妊娠初期の腹痛と生理痛の違いは?

妊娠初期の腹痛と生理痛は、同じ子宮の変化による痛みということで、痛みの違いを見分けるのはとても難しいです。
よって、正確に違いを判断することはできないため、妊娠による腹痛なのか生理痛なのかは、妊娠検査薬を使用したり、産婦人科に行くことで妊娠状態を確認して判断するのが一番良いでしょう。

強いて違いをあげるとすれば、生理痛の場合は、断続的な痛みがどんどん強くなる傾向があります。
しかし、妊娠初期の腹痛は不規則な痛みであったり、どんどん強くなることはあまりありません。

逆に、妊娠検査薬や産婦人科の受診によって妊娠が判明しているにも関わらず、生理痛のような痛みが断続的に続く場合や、生理のような出血を伴う場合は、流産や、異所性妊娠(子宮外妊娠)などのトラブルの可能性もありますので、早めに病院で診察をしてもらうことをおすすめします。

妊娠初期の腹痛は流産の危険あり?危険な腹痛の見分け方

妊娠初期は、妊娠による子宮の変化で腹痛が起きることがありますが、腹痛がひどい場合は、流産や異所性妊娠(子宮外妊娠)などの危険の兆候の可能性もあります。
妊娠初期の腹痛がひどいときに考えられる代表的な2つの危険について、それぞれの内容と腹痛の特徴について解説します。

「流産」が原因の腹痛の場合

流産とは、妊娠22週未満に何らかの理由で妊娠が終わってしまうことを言います。
流産は、妊婦さんが妊娠初期に最も危惧することだと思いますが、全妊娠の約15%に起きる決して珍しくない現象です。
また、その原因のほとんどが受精卵や胎児の染色体異常など妊婦さん側の問題ではないため、逆に言うと何か妊婦さんが対策をして防げるというものではありません。

妊娠初期の腹痛が、流産による腹痛だと考えられる場合は、いち早く産婦人科を受診して胎児の状態を確認してもらう必要があります。
出血が伴う場合などは、すでに流産が進行している可能性が高いです。その場合、残念ながら進行中の流産を止める対策はありませんが、激しい痛みや大量の出血で妊婦さんの体調を損なうことを防ぐための措置をとることになります。

<流産による腹痛の特徴>
・生理痛のような下腹部痛が続きおさまらない。
・下腹部痛がどんどん強くなり、立っていられないほどになる。
・腹痛に加えて、大量の性器出血がある。
・腹痛に加えて、少量でも性器出血が2日以上続いている。

「異所性妊娠(子宮外妊娠)」が原因の腹痛の場合

異所性妊娠(子宮外妊娠)とは、通常は子宮内膜に着床するはずの受精卵が、子宮内膜以外の卵管や卵巣、腹膜、子宮頚管などに着床してしまう状態のことを言います。その中で最も多いのが、受精卵が卵管に着床してしまう「卵管妊娠」です。
異所性妊娠(子宮外妊娠)の場合、残念ながら妊娠を継続することはできず、発覚した時点で手術により切除することになります。

異所性妊娠(子宮外妊娠)の発生率は全妊娠の1~2%と非常に低いですが、手術をせずに放っておくと、卵管破裂を起こしてしまったり大量出血で妊婦さんがショック状態に陥ってしまうなどの危険もあります。

産婦人科でしっかりと子宮内に胎嚢が確認されれば、異所性妊娠(子宮外妊娠)の心配はありません。
産婦人科受診前の妊娠超初期の段階で、妊娠検査薬では陽性反応があるのに、激しい腹痛がある場合は注意が必要です。

<異所性妊娠(子宮外妊娠)による腹痛の特徴>
・生理痛のような下腹部痛が続きおさまらない。
・下腹部痛がどんどん強くなり、立っていられないほどになる。
・腹痛に加えて、大量の性器出血がある。

まとめ

妊娠初期は、ホルモンバランスの変化や子宮の拡大により、生理痛と似た腹痛を感じる場合があります。
少々の腹痛ならあまり心配する必要はありませんが、腹痛が続いたり、どんどん強くなる場合は、流産や異所性妊娠(子宮外妊娠)の兆候の可能性があるので、早期に病院の受診が必要です。

腹痛がつらい場合はあまり無理をせずに、産婦人科を受診したり、電話で痛みの状態を相談するなどして、不安を取り除くことができると良いですね。

妊娠後期の腹痛に注意!早産や下痢が原因の場合も?陣痛の種類と見分け方も!

2018.03.07

妊娠中期の腹痛は早産の兆候の可能性もある?!妊娠中期の腹痛の原因と5つの対策

2018.03.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。