妊娠検査薬はいつから使える?フライング検査のメリット&デメリットや私の体験談も

こんにちは。ねむママです。
妊娠・出産・育児に関する情報を、できるだけまとめサイトではなく、信頼できるサイトや書籍から調べ、また自分の経験も交えつつ紹介しています。

今回は、妊活中の方や、妊娠したかも?と思ったことがある方なら使った経験があるかもしれない「妊娠検査薬」について、いつから使えるのかや、フライング検査(検査可能日よりも前に検査すること)のメリットやデメリットを考えてみたいと思います。ねむママの妊娠検査薬使用体験談も最後に紹介します。

妊娠検査薬で陽性・陰性がでる仕組みとは

妊娠の有無を自分でチェックできるツールとして有名な妊娠検査薬。薬局でも手軽に購入することができるため、妊娠経験者はもちろん、妊娠を希望する方なら使ったことがある方も多いかもしれません。
そもそも妊娠検査薬とは、どのような仕組みで陽性・陰性の判定が出るものなのでしょうか。

妊娠すると分泌されるホルモン(hCG)の尿中の濃度を測定する

妊娠すると女性の体では、hcg(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)という名前のホルモンが分泌を始めます。妊娠検査薬は、検査用スティックの先端部分に尿をつけることによって、尿中のhCGの濃度を測定する仕組みになっています。

一般的な生理予定日1週間後から使用できる妊娠検査薬なら、尿中のhCGの濃度が50mlU/mLを超えると陽性反応が出て、それ以下だと陰性となります。
例え妊娠していたとしても、検査前に大量に水を飲んだことで尿中のhCG濃度が低くなっていたり、生理周期の遅れにより妊娠からの日数が自分の想定よりも浅い場合などは、陰性になる場合があります。

しかし、説明書通りに正しく使用して陽性反応が出た場合は、99%以上正確に妊娠判定ができるというふうに記載されている商品がほとんどです。

妊娠検査薬はいつから使うことができるのか

妊娠を心待ちにしている方なら、生理予定日が近づくにつれ、はやく妊娠検査薬を使用して妊娠の有無を確かめたくなってしまうでしょう。妊娠検査薬はいつから使うことができるのでしょうか。

一般的な妊娠検査薬と、早期妊娠検査薬の検査可能日について

一般的な妊娠検査薬は、生理予定日1週間後から使用可能

薬局でもよく見かける一般的な妊娠検査薬は、尿中のhCGの濃度が50mlU/mLで陽性反応を示すもので、おおよそ生理予定日の1週間後から使用可とされています。妊娠の兆候で最も顕著なのは、生理が止まることです。よって、生理が予定日になっても始まらないまま1週間程たった場合は、妊娠の可能性も考えて一度、妊娠検査薬で検査をしてみると良いでしょう。陽性が出た場合は、産婦人科を受診して正式に妊娠の診断を得るようにしましょう。

一般的な妊娠検査薬であれば、薬局で購入ができる他、以下の楽天などインターネット通販でも購入することができます。

【第2類医薬品】★メール便送料無料★ドゥーテスト・hCG 2回用【ロート製薬】

価格:680円
(2018/1/22 16:31時点)

【第2類医薬品】P-チェックS 妊娠検査薬 2回用

価格:461円
(2018/1/22 16:32時点)

【第2類医薬品】オムロン 妊娠検査薬 クリアブルー 2回用(1セット)【クリアブルー】

価格:698円
(2018/1/22 16:32時点)

【第2類医薬品】アラクス チェックワン 2回用 ツルハドラッグ

価格:447円
(2018/1/22 16:32時点)

早期妊娠検査薬は、生理予定日当日から使用可能

一般的な妊娠検査薬では待ちきれない!という人も多いのが現実で、それよりも早く、生理予定日当日から妊娠の判定ができるのが、早期妊娠検査薬というものです。
一般的な妊娠検査薬は、尿中のhCGの濃度が50mlU/mLで陽性反応を示しますが、早期妊娠検査薬の場合は尿中のhCG濃度が25mlU/mLで陽性反応を示します。

早期妊娠検査薬も薬局で購入できますが、通常の妊娠検査薬と違い、薬剤師の手から購入をする必要があります。
薬局にもよりますが、店頭には空箱だけが並んでおり、購入しようとレジに行くと、薬剤師から使用方法などに不安はないかを尋ねられ、問題なければ商品を販売してもらえるという店舗などが多いです。

指定の検査可能日よりも早く検査する「フライング検査」でも陽性反応がでる場合がある

一般的な妊娠検査薬なら生理予定日から1週間後、早期妊娠検査薬なら生理予定日当日が検査可能とされている日ですが、それよりも早く結果が知りたくて検査可能日前に検査をしてしまうことを「フライング検査」と言います。フライング検査をした場合でも、陽性反応が出ることはあります。
尿中のhCGホルモンの濃度が指定の分泌量に達していれば陽性反応が出るため、数日の誤差はもちろん考えられます。また、生理周期は毎月多少のずれが生じる場合もあるので、生理予定日、生理予定日から1週間といった日数がそもそも正確とは限らないためです。

とは言え、妊娠検査薬の説明書にも、正確な判定結果を得るために必ず使用方法(使用開始日も含め)を守って検査をするよう記載がありますので、早まった判断をしないよう、使用方法はきちんと守るのが一番良いでしょう。

妊娠検査薬のフライング検査のメリットとデメリット

正しい検査結果を得るためには使用時期を守って検査するのが一番ですが、妊娠を心待ちにしている方や、予期せぬ妊娠の可能性で不安を抱えている方は、いち早く妊娠検査薬を試してみたくなってしまいますよね。そこで、使用可能日よりも早く検査をするフライング検査の、メリットとデメリットについて考えてみました。

妊娠検査薬フライング検査のメリット

①妊娠した喜びを早く感じることができる。
②妊娠していた場合、禁酒や禁煙など赤ちゃんのために必要な生活習慣の見直しを早めに行うことができる。
③産婦人科探しなど妊婦生活の準備を早めにスタートさせることができる。

この中で特に大きいのは②のメリットだと思います。妊娠したばかりとは言え、妊娠超初期の時期からお腹の中では赤ちゃんの神経や頭、手足など重要な部分の形成は始まっています。飲酒や喫煙習慣のある方は特に、早めに妊娠を知ることで胎児に悪影響を与える行動を控えることができますね。

妊娠検査薬フライング検査のデメリット

①本当は妊娠していても陰性の結果が出るなど、妊娠判定の判断を誤る可能性がある。
②陽性反応に似た「蒸発線」を、陽性反応と勘違いしてしまう可能性がある。
③陽性反応が出たとしても、結果の線が薄い場合があり、本当に陽性なのかと不安な日々が続くことになる。
④検査を何度も行った場合、検査薬を購入する費用がかさむ。
⑤「化学流産」の可能性に気がついてしまう可能性がある。

一番のデメリットは、①~③に挙げたように、妊娠判定の判断を誤る可能性があることや、判定がはっきりしないことでかえって不安になる場合があるということです。
②に挙げた「蒸発線」と言うのは、陽性の場合、判定窓に陽性ラインがあらわれるタイプの妊娠検査薬で、検査をしてから10分~1時間と時間が経ってからあらわれる、陽性ラインに似たグレーの線のことです。通常、妊娠検査薬は1分~3分以内に結果が表示されるものが多いため、それよりも時間が経ってからあらわれた線は信用しないほうが良いですが、妊娠を楽しみにしていればしているほど、つい、「これって陽性ライン?!」と蒸発線を陽性ラインかもしれないと感じてしまう傾向にあります。

また、⑤に挙げた「化学流産」というのは、受精卵が子宮内膜に着床した後に、胎嚢と言って赤ちゃんが入る袋が出来上がる前に、早い段階で生理と一緒に受精卵が体外に排出されてしまうことを言います。化学流産は、一説に健康なカップルでも30~40%の確率で起こるとも言われており、通常は化学流産が起こってもふつうの生理と区別がつかない場合が多いようです。
しかし、子宮内膜に受精卵が着床した時点で、hCGホルモンの分泌量はいったん増加しますので、フライング検査を行ったり、早期妊娠検査薬を使っていると、通常気がつかないはずだった化学流産に気がついてしまうことがあります。一度妊娠したという喜びを感じただけに、化学流産に気がついてしまうとショックは大きいですよね。

私の妊娠検査薬使用の体験談

現在妊娠5ヶ月目のねむママも、妊娠が発覚した頃、妊娠検査薬を使いました。そのときの体験談を少し紹介します。

早期妊娠検査薬のチェックワンファストよりも、クリアブルーの感度が良かった?

生理予定日の4~5日前から、いつもより胸の張りが増す、頻尿になるなど、いつもと違う症状を感じたので、「もしかして?」と思っていました。
生理予定日の3日前頃に、仕事のついでにいつもと違う薬局に寄ったので、そこで薬剤師さんから早期妊娠検査薬の「チェックワンファスト」をドキドキしながら購入してみました。(いつもの薬局だと恥ずかしいので。)

生理予定日になったら使おうと思っていたのに、翌朝、ついついフライングで使ってしまいました。2日フライングですね。すると、うっすら陽性!
驚いて、慌てて近くの薬局に行き、早期ではない普通の妊娠検査薬の「クリアブルー」を購入し、同じ日にクリアブルーでも試しました。クリアブルーは、生理予定日1週間後から使用可能なものなので、超フライングですね。なぜ、チェックワンファストでうっすら陽性が出たからと言って、より反応がないであろうクリアブルーを試そうと思ったのかは、自分でもよくわかりません。初めて陽性ラインを見て動揺していたんでしょうか(^^;)
すると、クリアブルーでも、超フライングにも関わらずうっすら陽性反応が出ました。むしろ、チェックワンファストより陽性ラインは少し濃かったです。(妊娠検査薬の説明書には、濃さがどうであれ、陽性ラインが出れば妊娠していることに変わりはないと記載がありますが、hCGの反応濃度によって濃さは変化するので、フライングだと薄くなり、使用可能日に近づくにつれて濃くなっていくようです。)

どちらの妊娠検査薬も2本入りを買ったので、その2日後の生理予定日当日にも改めて検査してみましたが、どちらもうっすら陽性のまま(クリアブルーのほうが濃い)でした。
チェックワンファストのほうが、早期妊娠検査薬を言うだけあって、生理予定日当日だと濃いラインが出るのかと思ったら、そういうわけではないんですね。
あくまでも私個人の感想としては、クリアブルーのほうが、早期妊娠検査薬ではありませんでしたが、ラインが見やすく感度が良いように感じました。

【第2類医薬品】妊娠検査薬 オムロン クリアブルー 2回用×2個セット (4回分)送料無料 メール便 代引き不可 【正規品】

価格:999円
(2018/1/22 15:52時点)

やっぱりフライング検査はおすすめできません…

ということで、生理予定日当日頃から妊娠が発覚したねむママですが、そこから産婦人科の初診に行くまでの日々はとてもとても長く感じました。初診は早くて生理予定日1週間後くらいということなので、約1週間の間「本当に妊娠しているのか」「化学流産しないのか」と、わからないだけに不安な日々が続きました。
よく、妊活ブログなどで、妊娠検査薬ではじめて陽性が出てから、その後も不安で毎日検査し続けている方がいらっしゃいますが、その気持ちはとってもよくわかります。

ねむママの結論としては、早く妊娠の有無を知っても不安が増すだけで、フライング検査はおすすめできないなと思います。例え無事「妊娠する」という課題を突破したとしても、その後も、「初期流産しないか?」「赤ちゃんの発育は正常か?」など、妊娠出産では何かと不安はつきものです。そうした不安にいちいち過敏に反応せずに、「とにかくお腹の我が子を信じて待つ」という姿勢が、その後の妊娠生活はもちろん、出産後の育児でも大切なのではないかな、と今になって感じています。

妊娠していなかったときの反応は真っ白。その違いは明らかでした。

ちなみに、ねむママは生理周期が25日~32日くらいの間でかなり前後することがあり、妊活前から生理があまりにも遅れているときは、「そんなはずないけどもしや?」と思い妊娠検査薬を使ったことが何度かあります。
今振り返ると、そのときの妊娠検査薬の反応は完全に真っ白で、妊娠していてうっすらとラインが出た時とは、明らかに違いました。
妊娠を希望していると、真っ白のところにでも、光の加減や角度によってかすかなラインが見えてしまう…なんてこともあるかもしれませんが、やっぱり実際に妊娠して検査薬が反応しているときとは、その違いは歴然だったと思います。

まとめ

妊娠検査薬は、使用説明書にのっとり正しい検査可能日から使うことをおすすめしますが、尿中のhCGホルモン濃度を測るという仕組み上、検査可能日より早くから陽性反応が出ることもあるということがわかりました。
また、フライング検査のメリット&デメリットや、ねむママの体験談もあわせてお伝えしました。

早く妊娠の可能性を知ることは、禁酒や禁煙など胎児への健康被害を防ぐためには効果的ですが、嬉しいことばかりではありません。かえって不安が募ることになったり、化学流産の可能性を知ってしまったりなど、デメリットもあるということをしっかりと頭に入れた上で、どのタイミングで使用するか自分で責任を持ってしっかりと判断できると良いですね。

妊娠超初期症状が生理前の症状と似ているのはなぜ?ホルモンバランスから徹底解説!

2018.01.16

妊娠超初期症状22の兆候「もしかして妊娠?」と思ったらチェックする体の変化

2018.01.15