妊婦健診の検査内容について ~ エコーやNST、血液検査では何を調べてるの?

どうも、毎回の妊婦健診で体重計に乗るのが怖い(体重増加中の)ねむママです。

妊娠すると定期的に受診することになる妊婦健診ですが、毎回いったいどんな検査をするのか皆さんご存知ですか。
自分で調べてみたり、産婦人科でもらった資料には、エコーやNST、血液検査などなど書かれていますが、一体それぞれどんな検査方法で、何を調べるためのものなのかよくわかりませんよね。

今回はそんな、妊婦健診の検査内容について、いつ、何を調べるために、どんな検査を行うのか、妊娠時期別に紹介します。
出産までにどんな検査が行われるのかを知っておくことで、妊娠中にどんな病気やトラブルが起こりうるのかがあらかじめよくわかりますし、毎回の妊婦健診に行く際の心構えにもなりますよ!

妊婦健診の費用について~補助券以外の自己負担額の平均額は?私が支払った妊婦健診費用も公開!

2018.02.02

妊婦健診の頻度や回数はどのくらい?初診っていつ行けば良いの??

2018.01.30

妊婦健診で毎回共通して行う基本的な検査項目はこれ!

妊婦健診に行く度に、ママとお腹の赤ちゃんの健康状態をチェックするために、毎回共通して行う検査項目がいくつかあります。
私ねむママも、安定期に入り食欲増進とともにどんどん体重が増えるため、毎回の妊婦健診での体重測定や、血圧測定にドキドキしています。
毎回の妊婦健診で行う基本的な検査項目には、以下のような項目があります。

①体重・血圧・尿検査などの基本検査計測

妊婦さんに多い病気である妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病がないか、体重が増えすぎていないかなどをチェックするために基本計測を行います。

基本検査計測の例
子宮底長測定(恥骨の上から子宮の一番上までの長さを測ること)/腹囲測定/血圧測定/浮腫
ふしゅ
(むくみ)/尿検査(尿糖・蛋白尿の有無)/体重測定

上に挙げた項目は一例ですので、産婦人科によってどの項目を毎回測定するかは異なります。
例えば私の通っている産婦人科ではこのうち、血圧、尿検査、体重のみ毎回計測しており、子宮底長は妊娠中期の現時点では不定期に1~2回測定があった程度です。

②問診・診察による健康状態の把握

妊娠週数に応じた経過が順調かどうか、医師や看護師が問診・診察を行ってママと赤ちゃんの健康状態を把握します。腹痛など何か気になる症状がある場合は、問診・診察時に相談すると良いです。

③妊娠期間を健やかに過ごすための保健指導

健康状態の診察以外にも、妊娠期間を健やかに過ごすための食事や生活に関するアドバイスや、妊娠・出産・育児に関する不安や悩みの相談に応じるなどの保健指導も、厚生労働省の指針では毎回の妊婦健診項目に含まれています。
医師には話しづらいこともあるかもしれないので、産婦人科によっては、看護師さんや助産師さんによる問診の時間をあえて設けているところもあります。

しかし、特別に「保健指導」という明確な時間が設けられている病院は少ないと思いますので、健康面以外でも何か不安がある場合は、診察や問診のタイミングで自分から相談することも大切です。
経済的・家庭的な問題などで個別の支援が必要とされる状況の方には、病院は市町村の保健師などと協力して対応をします。



毎回ではなく必要に応じて行われる医学的検査を妊娠時期別に紹介!

必要に応じて、妊娠時期ごとに行われる医学的検査がいくつかあります。今回は、厚生労働省の示す標準的な妊婦健診例に則って、一般的には妊娠時期別にどんな医学的検査を行うのか紹介します。
産婦人科によっては、以下に挙げた以外の検査項目を追加で行っていたり、検査時期や回数が異なったりする場合もありますので、各産婦人科の検査内容を詳しく知りたい場合は、HPを見たり問い合わせて確認をすると良いでしょう。

妊娠初期~妊娠23週(妊娠6ヶ月)頃までに行う検査

■超音波検査(エコー検査)

超音波検査とは、子宮内に超音波をあてて胎児の様子を確認することで、よく「エコー検査」とも呼ばれるものです。胎児の発達に異常がないかや、子宮や卵巣に問題がないかを確認します。

厚生労働省の示す妊婦健診スケジュール例では、妊娠23週までの間に2回実施するようにとされていますが、毎回の妊婦健診で実施する産婦人科も多くあります。実際に、エコーで胎児の様子を確認することを妊婦生活の一番の楽しみに感じている妊婦さんも多いでしょう。

産婦人科にもよりますが、子宮や胎児が小さい妊娠初期のうちは、「経腟エコー」と言って、内診台で膣内に器具を挿入して行う超音波検査が一般的です。
妊娠中期頃に入ると、「経腹エコー」と言い、お腹の上に機械をあてて子宮内を確認する超音波検査に切り替わります。

ちなみに私の通っている産婦人科では、妊娠6週頃の初診から経腹エコーでした!エコーの機械は産婦人科によって違うようなので、気になる場合は事前に問い合わせてみても良いと思います。

■血液検査

血液検査は、妊娠初期から出産までの間に3回あります。特に初回のこの時期の血液検査では、感染症の抗体の有無や血糖値、貧血の有無などたくさんの項目を調べます。よって、たくさんの量を採血するので、驚いてしまったり、中には貧血で気分が悪くなってしまう人もいるようです。

初回の血液検査での検査内容
●血液型(ABO血液型・Rh血液型、不規則抗体)
●血算(白血球、赤血球、血小板などの数値から貧血や病気の有無を調べる)
●血糖(妊娠糖尿病の有無を調べる)
●B型肝炎抗原(B型肺炎に感染していないか調べる)
●C型肝炎抗体(C型肺炎に感染していないか調べる)
●HIV抗体(HIVに感染していないか調べる)
●梅毒血清反応(梅毒に感染していないか調べる)
●風疹ウイルス抗体(風疹に感染していないか且つ、抗体を持っているか調べる)
●HTLV-1抗体検査※(HTLV-1に感染していないか調べる)
HTLV-1抗体検査のみ、厚生労働省の示す例では妊娠30週までの血液検査で実施するようにとされていますが、1回目のこの血液検査のタイミングで同時に調査する場合も多いです。HTLV-1とは、白血球の一つであるリンパ球に感染するウイルスの一つで、感染しても病気が発症する確率や母子感染する確率は高くありません。

■子宮頸がん検診(細胞診)

子宮頸がん検診は、妊婦健診での必須項目になっていますので、全ての妊婦さんが妊娠初期に検査を受けることになります。子宮頸がんは母子感染はありませんが、がんの進行度合いによっては、妊娠の継続が難しくなり、お腹の赤ちゃんを予定よりも早く出さなくてはいけないこともあります。

検査方法は、「細胞診」と言って子宮頸部の細胞を採取しての検査になります。内診台で受ける検査ですが、子宮の入り口付近の粘膜を少しこする程度で、痛みや出血もほとんどありません。

■性器クラミジア※30週頃までに1回行う

性器クラミジアとは、若い女性に多い性行為により感染する感染症です。厚生労働省の示す妊婦健診スケジュール例では、妊娠30週頃までに行うようにとされています。
分娩時に感染していると、産道で赤ちゃんに感染するリスクがあります。しかし、通常2~3週間の治療で治るため、妊娠30週までに検査をしておけば、分娩時までには治療を完了することができます。

検査方法は、子宮頸がん検診と同じく、内診台で子宮頚管の表面の細胞を一部こすりとる検査になります。

妊娠24週(妊娠7ヶ月)~妊娠35週(妊娠9ヶ月)頃までに行う検査

■超音波検査(エコー検査)

超音波検査については、上の「妊娠初期~妊娠23週頃」の項目で記載した内容と同じになります。厚生労働省の妊婦健診スケジュール例では、妊娠24週~妊娠35週までの間にまでの間に1回実施するよう示されています。

妊娠中期~妊娠後期のこの時期は経腹エコーになるのが一般的ですが、子宮口や子宮頸管を観察するために、必要に応じて経腟エコーを使うタイミングもあります。
主に、胎児の大きさや臓器の確認、胎盤や臍帯
さいたい
(へその緒)、羊水の状態に問題がないか
を確認します。

■血液検査

妊娠24週~妊娠35週の間にも1回血液検査があります。検査項目は初期ほど多くはなく、主に血算(白血球、赤血球、血小板などの数値)と、血糖値の検査で、貧血や妊娠糖尿病がないかを確認します。

妊娠中期~妊娠後期は、赤ちゃんの発達に多くの血液が必要とされるため、貧血になる妊婦さんが多くいます。また、体重が増えやすく、血糖値も上がりやすい時期のため、妊娠糖尿病を招きやすい時期でもあります。

■B群溶血性レンサ球菌(GBS)

B群溶血性レンサ球菌とは、女性の膣や膀胱、肛門などに常在する細菌のことで、通称GBSとも言います。
感染していても母体に影響はありませんが、分娩時に赤ちゃんに感染すると赤ちゃんにとっては危険な病気です。よって、感染がわかった場合は、分娩時に抗生物質を投与するなどの方法で赤ちゃんへの感染を防ぐ対策をします。
分娩時の母子感染の対策が重要な感染症であることから、出産前の妊娠24週~妊娠35週の間に1回検査するようにと厚生労働省の妊婦健診スケジュール例でも示されています。

検査方法は、内診台で、膣の入り口付近と肛門の周りを綿棒でこすり、細菌の有無を調べます。

妊娠36週(妊娠10ヶ月)~出産までに行う検査

■超音波検査(エコー検査)

超音波検査については、上の「妊娠初期~妊娠23週頃」の項目で記載した内容と同じになります。厚生労働省の妊婦健診スケジュール例では、妊娠36週~出産までに1回実施するよう示されています。

妊娠中期~後期と同様に赤ちゃんの大きさなどを確認すると同時に、臨月のこの時期には、逆子になっていないかや子宮の収縮具合などを見て、お産の進み方を推測します。

■血液検査

妊娠36週~出産までにも1回血液検査があります。主に血算(白血球、赤血球、血小板などの数値)の確認のみで、妊娠後期に多い貧血の有無を調べます。

■胎児心拍数モニタリング(NST)※

※この検査項目のみ、厚生労働省の示す妊婦健診スケジュール例に記載はありませんが、実施する産婦人科が多いようなので紹介します。

胎児心拍数モニタリングとは、通称NST(ノンストレステスト)とも言い、分娩監視装置を使って子宮収縮の状態や胎児の心拍、胎動を測定する検査です。
赤ちゃんが自然分娩に耐えられる健康状態であるかをチェックする検査で、臨月の妊婦全員が受けるようにしている産婦人科もあれば、妊娠高血圧症候群など、何かしらリスクがある妊婦さんにだけ検査する産婦人科もあります。あるいは、希望者のみが検査できる(追加料金が必要)産婦人科もあるでしょう。

NST検査の間、ママは分娩監視装置をお腹につけてベッドにリラックスして横になっているだけで良いので、体への負担はありません。

まとめ

妊婦健診の検査内容について、毎回検査する項目と、妊娠時期別に検査する項目について、厚生労働省の妊婦健診スケジュール例に沿ってまとめてみました。
これを見ると、血圧や体重は毎回測定し、血液検査も頻繁に行うことから、体重増加や高血圧、糖尿病、貧血などが妊娠中に特に良くあるトラブルであることがわかりますね。
また、どんな検査が内診台での検査になるかを知っていれば、妊婦健診に行くときの服装を気をつけたり、心構えしておくことができると思います。

産婦人科の方針や、妊婦さんの妊娠経過によっては、妊婦健診の検査内容はこの限りではないと思いますので、自分の通っている産婦人科や、検討している産婦人科の妊婦健診スケジュールを改めて確認しておくと良いと思います。

妊婦健診の費用について~補助券以外の自己負担額の平均額は?私が支払った妊婦健診費用も公開!

2018.02.02

妊婦健診の頻度や回数はどのくらい?初診っていつ行けば良いの??

2018.01.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。