妊娠中のディズニーランド旅行レポート(写真つき)!マタニティディズニーを満喫した私の7つの楽しみ方♪

こんにちは、ねむママです。

妊娠6ヶ月の最終日、ディズニーランドに行ってきました!
ちょうど結婚のお祝いでいただいた入場券の使用期日が迫っていたのと、
出産したらしばらく行けなくなるということで、マタニティ旅行(マタ旅)も兼ねてお泊まりでディズニーを楽しんでくることにしました♪

妊娠中にディズニーに行ってみたことで、普段はできない楽しみ方ができましたよ!
ということで今回は、私が妊娠中にディズニーランドを楽しんだポイントや、その他おすすめの楽しみ方、注意点などをレポートしますね。

妊娠中のディズニー7つの楽しみ方!私のマタニティディズニーレポート(写真つき)もあり!

妊娠中でも、大好きなディズニーランド・シーを楽しみたい!という妊婦さんは多いはず。あるいは、これから赤ちゃんが生まれたら当分ゆっくり行くことはできないから、最後に夫婦2人でディズニーデートを楽しもうと、マタニティディズニーに行く方も増えているようです。
私ねむママも、「安定期になったら、夫婦2人で最後にどこかに旅行しておきたい。」「ちょうどディズニーの入場券を持っている!」ということで、ディズニーランドに1泊2日(ディズニーに行ったのは1日目だけ)でお泊り旅行がてら行ってきました。
そのときに、楽しめたポイントはここだな!と思ったことを7つ紹介しますね。

①ディズニーランドのショーレストランを事前予約して行く

今回初めて、ディズニーランドのショーレストランに行ってきました。

ディズニーランドのショーレストランは、座席予約制でミッキーやミニーの登場する楽しいショーを見ながらランチやディナーを楽しむことができるもので、ディズニーランドにだけあるものです。(ディズニーシーなら、ショーつきはありませんが、事前予約できるレストランはたくさんあります。)
ねむママは、ディズニーランドのポリネシアンテラス・レストランで開催されているランチショー「リロのルアウ&ファン」に行ってきました♪

東京ディズニーランドのショーレストラン「リロのルアウ&ファン」レポート

まずは、ディズニーランドのショーレストランがどんな感じだったのか、その魅力をレポートします!

ディズニーランドのショーレストランは、事前にインターネットで予約をしている場合も、ショーの開催時間の1時間前(ランチショーの1回目は開催時間の30分前)までに、予約したレストランのチケット引換窓口で予約チケットをもらっておく必要があります。
私たちはランチショーの1回目の開催だったので、ちょうど開催時間の30分前程(ちょっと遅れましたが…大丈夫でした)にレストランに行って予約チケットを引換しました。

その後、開催時間まではお手洗いに行ったりぶらぶらして時間をつぶし、開催時間になるとレストランがオープンして、決まった座席に誘導されました。
座席は、インターネット予約の時に座席エリアを指定し(エリアによって金額が異なる)、エリア内で自動的に決まっているので、「良い席を取らなきゃ!」と焦って入場する必要がないのは良かったポイントです。
チケットを見せると、1組ずつスタッフさんが座席まで案内してくれます。

座席に到着すると下の写真のような感じで、すでに前菜とドリンク、それからキャラクターたちのサインつきのかわいいボードや、お花のブレスレッド(フラダンスのレイみたいな?)のお土産がテーブルに置かれていて、さっそくワクワクしていまいます!さすがおもてなしのディズニー!

メニューは大人用、子供用それぞれコースメニューで決まっています。ドリンクはなんと、おかわり自由で何杯でも飲めます!(ただし、ノンアルコールビールのみ有料だった気がします。)
おいしそうなフルーツカクテルや食後のコーヒーまで無料で楽しむことができましたよ♪

間もなくショーが始まり、リロ、スティッチ、チップとデール、ミッキーとミニーが出てきて会場を楽しく盛り上げてくれました。
ショーの間もお食事がどんどん運ばれてきて、おいしくいただきました♪
下の写真がメイン料理で、お肉とお魚のフライでした。あと、写真を撮り忘れてしまいましたが(;’∀’)、この後フルーツ&ゼリーのとってもおいしいデザートもありました!

そして、おそらくこのショーの一番の魅力は、上で挙げた6体のキャラクターたちが、すべての座席を回ってくれて、一緒に写真を撮ることができる点です!!
ふつうにこれだけのキャラクターたちと写真を撮ろうと思うと、何時間待ち…の行列を待たないといけないと思いますが、このショーだと、ご飯を食べている途中、どんどんキャラクターたちがやってきて、ハイタッチしたりハグしたり、そして必ず写真を一緒に撮ることができるんです!

アロハなスティッチと2ショット☆
]

ミニーとは夫婦で3ショット♪

ミッキーにはなんと、赤ちゃんのいるお腹を撫でてもらうことに成功しました!!
生まれたら子どもに見せてあげないと~♪

ショーのラストでは、小さな子どもたちはステージの上にあがって、キャラクターたちと一緒に踊ることができる(『お母さんといっしょ』のラストのような感じ)場面もあり、子どもずれが特に楽しめそうな内容になっていました。(実際、小さな子どもずれのお客さんはとっても多かったです。)

妊婦さんにショーレストランがおすすめのポイント

上のレポート中でも紹介しましたが、ディズニーランドのショーレストランが妊婦さんにおすすめのポイントをまとめてみます。

① 事前予約制なので入場するときに長時間行列に並ぶ必要がない。
② 座席も事前に決まっているので「良い席を取らないと!」と焦る必要もない。
③ ゆっくりレストランで食事をしながらショーを見ることができるので、疲れない。
④ キャラクターたちが全ての座席を回ってくれて一緒に写真を撮ることができる!
  しかもその間、ご飯を食べながら座って待っているだけで良いので、疲れない。
⑤ ドリンクが飲み放題!(水分補給が大切な妊婦さんにも有難い!)

こんな感じでしょうか。
妊娠中は、乗ることができるアトラクションも限られていますし、ずっと歩いていると疲れてしまいますよね。
ディズニーランドのショーレストランなら、焦ることなくゆっくり入場し、座ってご飯を食べながらキャラクターたちと触れ合うことができるので、疲れないで楽しめてとってもオススメです!

<予約方法>開催1ヶ月前受付スタートの事前予約でしっかり予約しよう!※空席があれば当日予約も可

ディズニーランドのショーレストランは、インターネットで事前予約をするか、当日もし空きがあれば、モバイルサイトから当日予約もできるようです。
基本的に、インターネットでの事前予約で全席満席になってしまうので、当日予約は難しいと思っておいたほうが良いでしょう。(当日予約は、急遽キャンセルが出た場合などに、運が良ければできるのかもしれないです。)

インターネットでの事前予約は、ディズニー公式サイトの「ショーレストラン事前予約」より、ショー開催日の1ヶ月前の午前9:00より予約することができます。
ショーレストランはとっても人気ですぐに満席になってしまうので、1ヶ月前の朝9:00からパソコンの前で予約する体制をとっておくことをおすすめします。

実際、私が見に行ったのは3/3(土)のランチショー1回目でしたが、1ヶ月前の朝9:00からPCで予約しようとするも、アクセスが集中してなかなか進むことができず、5~10分して予約画面にたどり着いた頃には、すでに一番良い席のS席は満席になっていました(@_@)!
なんとかA席を予約できましたが、その後も他の席や、他の時間帯のショーレストランもどんどん満席になっていったので、少なくとも土日に予約をする場合は、1ヶ月前の予約受付開始と同時に予約にトライしたほうが良いでしょう。

②日帰りではなくホテルに宿泊して負担を軽減する ~ コスパ良しで温泉も楽しむなら『スパ&ホテル 舞浜ユーラシア』がオススメ!

ショーレストランに続き、今回のマタニティディズニーのビッグポイントは、日帰りではなく、近くのホテルにお泊りをしたという点です。
ディズニーランドに行ったのは初日だけなのですが、ディズニーを楽しんだ後、長時間かけて自宅に帰るのは結構負担ですよね。近くのホテルに宿泊することで、ディズニー後すぐにホテルでゆっくり休めて良かったですよ。

今回泊まったのは『スパ&ホテル 舞浜ユーラシア』というホテルです。


SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア

舞浜ユーラシアの良かった点は、ずばり以下3つです!
①ディズニー公式ホテルではないけれど、お部屋からディズニーランド・シーが見れるくらいディズニーの近くにある
②ディズニー公式ホテルではないので、料金が安め。
③舞浜リゾートエリアで唯一、源泉かけ流し露天風呂(天然温泉100%)がある。

「ディズニーランド・シーに行くなら、ディズニー公式ホテルに泊まりたい!」という方もいると思いますが、私の場合はそこまでこだわりはなく、それよりも、赤ちゃんが生まれる前の夫婦2人での最後の旅行ということで、ゆっくり温泉も楽しみたい!という思いが強かったので、このホテルにしました。
ディズニー公式ホテルじゃないので料金を抑えつつも、お部屋からディズニー・シーのショーの花火なども見ることができ、夜もディズニーリゾート感を満喫できて良かったですよ♪

お部屋は広くて快適♪

洗面スペースもひろーい!

窓越しにディズニーシーが!ベランダに出るとディズニーランドまで見えます♪
(展望はお部屋によると思います。)

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア

③キャラクターたちに妊婦アピールをしてお祝いしてもらう

ディズニーのキャラクターたちが、妊婦さんだと気がつくと手を叩いてお祝いをしてくれたり、ガッツポーズで出産がんばれエール?を送ってくれたりしました。
これも妊娠中にしか体験できないことなので、楽しめたポイントかなーと思います。

私の場合は上で紹介したように、ディズニーランドのショーレストランでいろんなキャラクターたちと触れ合うことができたので、それぞれのキャラクターにお祝いをしてもらえてとっても嬉しかったです。お腹の赤ちゃんが生まれたら教えてあげないとっ!

ただ、お祝いしてもらいたい場合は、自分から「お腹に赤ちゃんいるよ」など、キャラクターたちに伝えてアピールしないと、キャラクターたちがお腹の大きさだけで判断してお祝いしてくることはたぶんないと思います。(もし違ったら失礼ですし…)
ショーレストランで最初に触れ合ったのがリロ&スティッチのリロだったんですが、リロには自分から「お腹に赤ちゃんいるよー」と言わなかったんですが、椅子においてあった私のリュックにマタニティマークがついているのを見つけて、それを指さして「わーすごい!」みたいなリアクションはしてくれました♪

④ミッキー(やその他キャラクターたち)にお腹を触ってもらう

ミッキーに「お腹に赤ちゃんがいるからお腹を触ってもらえませんか?」と伝えると、お腹を触ってもらうことができて、その状態で一緒に写真を撮ることができました♪
生まれた子どもにも写真見せてあげたいなーと、とっても良い思い出になりました。

ミッキーなどキャラクターにお腹を触ってもらいたいときも、上の妊娠お祝いをしてもらいたいときと同様、「お腹に赤ちゃんがいるから触って欲しい」ということをしっかり伝えると良いと思います。
「お腹に赤ちゃんがいるよ」だけだとおそらく触ってもらえないので(勝手にお腹を触るのは失礼ですし笑)、触って欲しい場合はちゃんと「触って欲しい」と伝えましょうね!

⑤普段は乗らないアトラクションを楽しむ

妊娠中は当然、ディズニーランド・シーともに乗ることができるアトラクションが限られています。
しかし、だからこそ、普段なら乗らないようなアトラクションを楽しんでみるチャンスでもあると思います!

普段ディズニーランド・シーに行くと、私もそうですが、特に絶叫系が好きな人は、ビッグサンダー・マウンテンやスプラッシュ・マウンテン、タワー・オブ・テラー、センター・オブ・ジ・アースなどなど、どうしても定番&人気のアトラクションに毎回乗ってしまいませんか?
そうしたアトラクションに乗るのは、例えファストパスを利用したとしても、それなりに時間をとられてしまいます。
ということで、絶叫系に乗れない妊娠中だからこそ、普段は乗らないけれど実は楽しいアトラクションや、ちょっと気になっていたアトラクションを探して乗ってみるのも楽しいと思います!

今回私が、妊娠中にディズニーランドで体験して楽しかったアトラクションを紹介しますね。
もちろん全て、妊婦さんOKのアトラクションです。

<私が妊娠中にディズニーランドで体験して楽しかったアトラクション>
●ミッキーのフィルハーマジック
3Dメガネをつけて見るシアターショーです。シーンに合わせて風が吹いたりちょっと水っぽいのがかかったりもして、臨場感たっぷりで楽しめます!
●シンデレラのフェアリーテイル・ホール
シンデレラ城の中を見学することができます。王座に座ったりガラスの靴を履いてみたりもできて、インスタ映えスポットも多数ありでしたよ。
●ミニーの家
ミニーのお部屋を見ることができます(ミニーはいません)。見る箇所は少ないですが、そんなに並ばずに入れるので、トゥーンタウン散策ついでにちょっと立ち寄るのにオススメです。
●スティッチ・エンカウンター
シアターでスティッチとおしゃべりを楽しむことができます。スティッチが一般のお客さんにどんどん話しかけていくのが面白い!スティッチのいるシアターに自分も映っちゃうかもしれません。
●バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(ファストパス対応)
唯一ファストパスを使って行ったのがこれでした。スペースクルーザーに乗りながら、次々と現れるロボットをシューティングする参加型アトラクションです。乗り物ですが揺れは全くないので妊婦さんでも安心してシューティングに夢中になれます!

⑥時間を気にせずにのんびり楽しむ!こまめに休み、こまめにトイレに行く!

ディズニーランド・シーに行くとどうしても、「1つでも多くのアトラクションを楽しみたい!」「良い場所でパレードを見たい!」などの思いから、せかせかしがちですが、妊娠中のディズニーは、ゆっくり散歩をしながら雰囲気を楽しむことも目的で行ったので、珍しくのんびり気分で楽しむことができました。

妊娠中は息切れしやすかったり、疲れるとお腹が張ってきたりしてしまうので、無理せずこまめに座って休むのも大切だと思います。飲食店でゆっくり休憩したりね。
それと、妊娠中はトイレが近くなりがちですよね。ディズニーランド・シーはトイレも結構混んでて行くのが億劫になりがちですが、トイレを我慢しながら楽しむより、我慢せずにこまめにトイレに行ってのんびり楽しんだほうが良いですよ♪

⑦事前に混雑予測情報をチェックしてなるべく混んでいない日に行く

妊娠中は、人混みの中を歩いているだけでも、普段より疲れを感じやすくなっていると思います。
よって、少しでもディズニーランド・シーが混雑していない日に行ったほうがゆっくり楽しめると思うので、事前に混雑予測情報をチェックしておくと良いですよ。
ディズニーランド・シーの混雑予測を見ることができるサイトは、以下のサイトなど、他にもいくつかあります。
〇ディズニーランド・シー 混雑予測カレンダー

私の場合は夫が混雑予測をチェックして、行く日を決めてくれました♪
行くことができる日が限られている方もいると思いますが、いくつか候補の日程があるなら是非、事前にチェックしてみてください。

その他こんな楽しみ方もある!ゲストアシスタントカードの利用について

今回私は利用しませんでしたが、妊娠中にディズニーランド・シーに行くなら知っておいたほうが良いサービスとして、「ゲストアシスタントカード」というものがあります。

ゲストアシスタントカードとは、ディズニー公式HPによると、疾病・負傷などにより体の機能が低下した人(高齢者・妊婦含む)の負担を軽減するためのサポートツールです。
具体的には、アトラクションやキャラクターとのグリーティング施設に並ぶ際に、ゲストアシスタントカードを提示すると、待ち時間を列に並ばなくても、別の場所で待機させてもらえるという素晴らしいサービスを受けることができます。

ゲストアシスタントカードは、ディズニーランド・シーの各アトラクションや、メインストリートハウス、ゲストリレーション、ベビーカー&車いすレンタルのキャストに申し出ると発行してもらうことができます。
また、来園1ヶ月前から以下の東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンターにて事前予約をすることもできるようです。
〇東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター
 電話番号:0570-00-8632
 営業時間:9:00~19:00(年中無休)

利用上の注意点としては、ゲストアシスタントカードを提示して列に並ばずに待っている時間は、本来は列に並んでいる時間とみなされるため、他のアトラクションなどに乗ってはいけないという点です。ディズニー公式HPにもしっかりとそのように記載されていますので、利用する方はマナーを守って楽しむようにしましょう。

今回私は、安定期で立っているのがそんなにつらくなかった時期ですし、それほど色々なアトラクションに乗る予定はなかったので、ゲストアシスタントカードは利用しませんでした。
個人的には、妊娠中でも体調が良いのであれば、もっと他に助けを必要とする人がサポート受けたほうが良いと思うので、むやみに使う必要はないと考えています。ただし、婦さんで且つ小さなお子様がいる方や、長時間立っているとお腹が張りやすいなど体調に心配がある方は、利用すると良いサービスなのではないかなと思います

妊娠中のディズニーは安定期がベスト!緊急搬送される妊婦さんが増えているので注意!

妊娠中のディズニーランド・シーはいつ行くと良いのでしょうか。
一般的には、妊婦さんの体調が一番安定していると言われている妊娠5ヶ月~7ヶ月の安定期に行くのがベストでしょう。
妊娠初期でもつわりもなく元気な方は、初期でも問題ないと思います。ただし、お腹がまだ小さいからと言って無理しすぎないように注意してくださいね!

また、安定期でも人によっては体調が優れないこともよくあると思います。自分の体調と相談して、安定期でも難しい場合は無理に来園しないことをおすすめします。
私は妊娠6ヶ月の最終日に行きましたが、あと2週間ほど遅かったら同じ安定期でもちょっとキツかったかもなと思っています。妊娠7ヶ月の途中からお腹が張りやすくなって立っているのがつらいときが出てきたので。。

妊娠中にディズニーランド・シーで体調を崩して緊急搬送される妊婦さんが年々増えていると聞きました。
体調を崩してしまうと、自分がつらいのはもちろん一緒に行くパートナーや、ディズニーランド・シーのキャストたちにも迷惑をかけてしまいますよね。
「自己責任だからちょっとくらい無理しても良いや」ではなく、体調の良い時期をしっかり選んで、くれぐれも周囲に迷惑をかけないように楽しみましょう!

ディズニー公式ホテルへの宿泊ならこちらもおすすめです↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。