赤ちゃんの肌着・服の種類が複雑なのでまとめました。主には肌着5種類と服4種類があるらしい!

妊娠中期頃から、少しずつ出産準備として赤ちゃんのものを揃え始めていますが、個人的にその中で一番の”謎”だったのが、赤ちゃんの肌着や服の種類についてです。
はじめて育児をする人にとって赤ちゃんの服って、「短肌着(たんはだぎ?」」、「長肌着(ながはだぎ?ちょうはだぎ?)」、「ロンパース??」と、読み方すら良くわからないものばかりじゃないですか?!
それらを、いつの時期なら何枚揃えると良い…という情報も、サイトによってまちまちだったりして、一体どんな種類の服があって、どれだけ準備すれば良いかがなかなかわからず手付かずになってました…。

なので今回、赤ちゃんの肌着や服の種類がそもそもどんなものがあるのかを、思い切って徹底的に調べてみることにしました!
まずは種類の一覧をまとめます。そして次回の記事で、それらの種類の肌着や服を、季節ごと×月齢ごとにどう組み合わせて着るべきかを考えてみたいと思います。

赤ちゃんの肌着・服は季節別&月齢別でどう組み合わせて着せると良いのか。私が出産前に用意した肌着&服の種類はこれ!

2018.05.06

 

赤ちゃんの肌着 ~ 知っておくと良い主な5種類の肌着はこれ!

まずは、肌着です。そもそも肌着とは、肌の上に直接着る服のことで、大人で言うと「下着」にあたる服のことを言うそうです。
ちなみに、そもそも赤ちゃんに肌着と着せる必要性についてですが、赤ちゃんはとても汗っかきで、また肌も薄くてやわらかくてデリケートです。
よって、汗をしっかりと吸収し体を清潔に保つ機能のある肌着をしっかりと服の下に着せてあげることで、赤ちゃんを気持ちよく過ごさせてあげることができ、また乳児湿疹などを防ぐことにもつながるそうです。

赤ちゃん用の肌着は、色々調べたところ、主に以下の5種類があるので、この5種類の特徴や違いをおさえれば良さそうです!

肌着①「短肌着(たんはだぎ)」

まずは、短肌着です。短肌着は、その名の通り丈が短いタイプの肌着で、赤ちゃんのお腹を覆うくらいまでの丈になります。
丈が短いため、赤ちゃんが足をばたばたと動かしても、おむつ替えや脱ぎ着がさせやすく、また、はだけにくいというのも特徴ということです。
暑い季節に基本の肌着として使うのはもちろん、寒い時期は、他の肌着の下に重ね着して着る肌着としても使うことができるようです。

実際の商品だとこんな感じのものです↓ 丈が短い分、赤ちゃんの服の中で一番小さく感じるので、はじめて見たときは思わず「ちっちゃ!」と言ってしまいました。

ちなみに、上の写真の商品は袖が半袖ですが、短肌着に限らず、夏用の生地の肌着については、袖がノースリーブになっているタイプのものなどもあります。

肌着②「長肌着(ながはだぎ)」

次に長肌着ですが、これもその名の通り、短肌着よりも丈が長いタイプの肌着で、主に寒い時期に使うものになります。
足元まで肌着があるのでしっかり保温性がありますが、股下を留めるホックなどはなくスカートのように股下があいているので、短肌着同様、おむつ替えがしやすいのが特徴です。
よって、寒い時期の新生児によく使われるタイプですが、赤ちゃんが足を活発に動かすようになると、はだけやすいため、以下で紹介する股下にスナップボタンがあるタイプの肌着に切り替えていくことになります。

実際の商品だとこんな感じのものです↓ 写真だとわかりづらいですが、上の短肌着よりも丈が長くなっています。

肌着③「コンビ肌着」

コンビ肌着は、股下をスナップボタンなどで留めることができるタイプの肌着です。
赤ちゃんが足をバタバタと動かしても、スナップボタンがあるのではだける心配がないため、生後10ヶ月前後まで長く使うことができると言われています。
新生児期は、おむつ替えの頻度が頻繁なため、股下のスナップボタンの付け外しの手間がない短肌着や長肌着が推奨されることが多いですが、コンビ肌着も新生児期から使えないことはありませんので、新生児期からコンビ肌着のみを準備しておく人もいるようです。

実際の商品だとこんな感じのものです↓

肌着④「ツーウェイ肌着」

ツーウェイ肌着は、上で紹介した②「長肌着」と、③「コンビ肌着」の2つの使い方ができるタイプの肌着です。
スナップボタンの留め方次第で、新生児期でおむつ替えが頻繁な時期は股下が分かれない長肌着型にすることができ、足をバタバタと動かすようになってからは、コンビ肌着のように股が分かれた状態で使うことができます。
長肌着とコンビ肌着の良いところ取りをしたタイプなので、特に寒い時期に生まれる赤ちゃんに、短期間しか使わない長肌着を買うのがもったいないと考える場合にちょうど良いんじゃないでしょうか。

実際の商品だとこんな感じのものです↓これはコンビ肌着タイプになるようにスナップボタンを留めているときの画像です。

肌着⑤「ボディースーツ型肌着(ロンパース型肌着)」

最後5つ目は、ボディースーツ型、あるいはロンパース型肌着と呼ばれるタイプです。
股下がスナップボタンで留めることができるタイプで、一見、③のコンビ肌着と同じように思いますが、コンビ肌着よりも赤ちゃんの足回りにフィットするように作られています。
コンビ肌着は、スナップボタンを留める箇所が少ないので、おむつ替えや脱ぎ着させる手間は軽減しますが、足元の裾がひらひらしているので、赤ちゃんがハイハイや歩く練習を始める生後10ヶ月前後になると、裾が邪魔になってきてしまいます。
ボディースーツ型・ロンパース型肌着は、足回りのスナップボタンを留める箇所が多いので、おむつ替えや脱ぎ着させるときに多少手間ですが、赤ちゃんがハイハイや歩く練習で活発に動き回る時期になっても使うことができます。

実際の商品だとこんな感じのものです↓

上の商品は、首すわり前の赤ちゃんに向いている、着せるときに前開きができるタイプです。
他に、前に開閉部はなく頭からかぶせて着せるタイプのものもあり、赤ちゃんの首がすわって以後、動きが活発になってからは、頭からかぶせるタイプのほうが前を留める手間がなくて楽なようです。

 

赤ちゃんの服(ウェア) ~ 知っておくと良い主な4種類の服(ウェア)はこれ!

つづいて、赤ちゃんが肌着の上に着る服(ウェア)の種類の一覧です。
赤ちゃんは、特に春~夏の暖かい季節は家にいるときは肌着のみで過ごすことも多いようなので、服(ウェア)は主に、外出時や寒い季節に着るものという位置づけのようです。

外出時のおしゃれ着など含めると、色々なタイプがあるようですが、服(ウェア)の作り的には、主に以下の4種類をおさえておけば良いと思います。

服(ウェア)①「ドレスオール」

ドレスオールは、新生児向きの服(ウェア)で、肌着で言うと短肌着や長肌着のように、股下がドレスの様にあいているので、おむつ替えが簡単にできるタイプです。
足をよく動かす生後1~2ヶ月頃になったら使いづらくなるようなので、生後間もない時期の外出時(出生後の退院時やお宮参りの時)用に1着用意しておけば十分なようです。

実際の商品だとこんな感じのものです↓ 純粋なドレスオールは以下のようなセレモニー用が多く、最近ではほとんどのドレスオールが、以下の項目④で紹介する「ツーウェイオール」型になっているようです。

服(ウェア)②「プレオール」

プレオールは、新生児期~生後2、3ヶ月くらいの時期に適した服(ウェア)と言われており、新生児の足の形であるM字型に沿うように作られています。
だいたい生後3ヶ月頃からは、次に紹介するロンパースやカバーオールと言った、股下にスナップボタンがついていて股が分かれたタイプの服(ウェア)を着ることになるのですが、プレオールは、プレ=以前という意味で、ロンパースやカバーオール以前の赤ちゃんが着るとちょうど良いタイプの服になります。
ロンパースやカバーオールと比べると、素材がやわらかく、また、裾や袖が絞られていないので月齢の低い赤ちゃんでも負担なく着ることができるのが特徴のようです。

実際の商品だとこんな感じのものです↓

服(ウェア)③「ロンパース(カバーオール)」

ロンパースやカバーオールと呼ばれる服(ウェア)は、肌着で言うとロンパース型肌着やボディスーツ型肌着のように、股が分かれているタイプの服なので、赤ちゃんが足を活発に動かすようになってからの時期におすすめの服です。
前開きで着せることができるタイプや、頭からかぶって股下にスナップボタンがついているタイプのものがあります。
服(ウェア)自体は同じでも、メーカーによってロンパースやカバーオールなど、呼び名が違うようです。
半袖に足元がブルマタイプのものや、長袖長ズボンタイプのものなどあるので、季節によって使い分けて着ることができます。

実際の商品だとこんな感じのものです↓

 

服(ウェア)③「ツーウェイオール」

ツーウェイオールは、ドレスオールとロンパース(カバーオール)の2つの使い方ができる服(ウェア)です。
股下のボタンを留めずに着るとドレスオールとして使うことができ、ボタンを留めるとロンパースやカバーオールとして使うことができます。
ドレスオールは、新生児期の短い期間しか使わない可能性が高いですが、ツーウェイオールにしておけば、サイズアウトしない限りドレスオールよりも長く着ることができるのが良いですね。

実際の商品だとこんな感じのものです↓

 

以上、今回は基本的な赤ちゃんの肌着と服(ウェア)の種類だけをまとめてみました。
次の記事では、それぞれの肌着や服(ウェア)を、季節ごと、月齢ごとにどう組み合わせて着せると良いのかと、実際私が用意した肌着についても控えておこうと思います!

赤ちゃんの肌着・服は季節別&月齢別でどう組み合わせて着せると良いのか。私が出産前に用意した肌着&服の種類はこれ!

2018.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。