ジョイントマットを設置!検討した6商品についてと、私が選んだ天然コルクジョイントマットの感想♪

どうも、ねむママです。
生産期に入り、お腹が重ーく動くのが億劫になってきて、ついでにブログの更新も滞りがちです。。
でもあと数日で終わるであろうマタニティライフ、なるべく楽しもうと思います。

出産準備品の一つとして、天然コルクのジョイントマットを購入して既に設置しました!
もうちょっと後でも良いかな?とも思ったんですが、新生児期からあっても良いこともありそうだったので、出産前に買っちゃいました。
ジョイントマットを買った理由と、私が迷った商品の紹介、結局今のジョイントマットを選んだ理由など書きたいと思います。

私の出産準備品リスト〜新生児期に最低限必要そうなものだけ揃えました

2018.06.01

ジョイントマットを買った理由~子どものいる家庭でジョイントマットを敷く5つのメリット

まず、ジョイントマットを買うか検討するにあたり、ジョイントマットにはどんなメリットがあるのかを調べました。
そのとき私が購入する決め手にもなった、ジョイントマットのメリットを5つ紹介します。

メリット① 赤ちゃんの転倒などによる怪我防止

赤ちゃんがお座りを始めたり、つかまり立ちを始めると、頭からゴロンと転倒してしまうことがよくあります。
そんなときに、かたいフローリングに頭をぶつけるよりは、ジョイントマットを敷いてあったほうが怪我の防止&安全対策になります。

お座りなど始める前でも、例えば寝返りを始めるようになって、ちょっと目を離した隙にソファから転げ落ちたりしても、下にマットが敷いてあるとまだマシですよね。
あとは、もっと小さい月齢のうちだと、ママが抱っこ中に手がすべって赤ちゃんを落としてしまったり(;´Д`)、頭を床にゴチンさせてしまったりしても、ジョイントマットがあればまだ安心です。(そんなことないでしょ…という感じですが、私はこのメリットのため、出産前からジョイントマットを買っておくことを決意しました。これで手が滑っても安心です!滑らせないようにするけど…)

メリット② フローリングへの傷や汚れの防止

赤ちゃんや小さな子どもが、おもちゃを引きずってしまったり、落書きしてしまったりして、フローリングに傷や汚れをつけてしまうということも、ジョイントマットが敷いてあれば、被害はジョイントマットだけで防ぐことができます。

メリット③ 保温性で冷えの防止

フローリングの床は冷えやすく冷たいですが、ジョイントマットを敷いてあることで、冷えを緩和させることができます。
また、お昼寝用のお布団なども、フローリングに直接敷くよりも、ジョイントマットの上に敷いたほうが保温性があって冷えを防止できるそうですよ。

メリット④ 赤ちゃんが物を投げたり足をドンドンすることによる、下の階や近所への防音効果

小さい子がいる家庭で、特にアパートやマンションなど集合住宅住まいだと、このメリットのためにジョイントマットを設置する家庭も多いのではないでしょうか。
とにかく小さい子がいると、床に大きなおもちゃを投げつけてしまったり、足をバタバタドンドンさせて暴れたりと、大きな音を立ててしまいがちです。
そこにジョイントマットがあれば、ある程度は音を吸収してくれるので、防音効果も期待できるようです。

メリット⑤ 洗いやすい&汚れを拭き取りやすいので清潔を維持しやすい

ジョイントマットは、防水性の商品が多いので、上にミルクなどこぼしてしまったときも、さっと拭き取って汚れをすぐに落とすことができます。
また、部分的に外して丸洗いすることもできるので、こまめに拭いたり洗ったりするのであれば、清潔を維持しやすいのではないでしょうか。

私が迷ったおすすめジョイントマット6選を紹介!

ジョイントマットと言っても色々種類があるので、私も購入前、どの商品にしようか結構迷いました。
私が迷った商品の中で、「良さそうだな」と思っておすすめできるものを6つ紹介します!

①【西松屋】くみあわせマット(ブラウン&ベージュ)8枚入り 469円

サイズ:縦31.5×横31.5×厚み1.0cm
値段;8枚入り 税込469円

よく見かける定番のブラウン×ベージュのジョイントマットです。
これは西松屋の商品ですが、西松屋以外でも似たようなタイプはいくつかのメーカーから出ていると思います。

西松屋のこのジョイントマットの魅力はとにかく安い!だと思いました。
我が家だとこの8枚入り2セットで十分なので、税込1,000円未満で事足ります。

ただし、値段が安いだけあって、商品の注意書きにも記載がありますが、使い始めの匂いが少し気になったり、白いフローリングには色移りの可能性があるようです。
また、変形や色あせなど劣化しやすいようですが、この安さなら何度か買い替える覚悟で買っても良いかなと思いました。

②【トイザらス・ベビーザらス】ミッキーカフェジョイントマット 25枚入り 6,478円

サイズ:縦30.0×横30.0×厚み1.0cm
値段;25枚入り 税込6,478円

こちらもどんなお部屋にも合いそうなベージュ、ブラウン、ホワイトの色合いで、ミッキー柄がかわいいので購入を迷いました。
ミッキーの形のところが抜けるようになっているので、同じ色のところにはめかえると、ミッキー柄ではなく無地のジョイントマットにもできるようです。(せっかくこのジョイントマットにしたならミッキーのまま使うと思いますが)

ただこちらもEVA樹脂製なので、匂いや多少のフローリングへの色移り、色あせなどの劣化は防げないかなと思います。

③【ジョイパレット】アンパンマンとなかまたち パズルであそぼう!やわらかマット 20枚入り 2,980円

サイズ:縦114.0×141.5×厚み1.0cm (20枚組んだサイズ)
値段;20枚入り 税込2,980円

子どもたちが大好きなアンパンマンのジョイントマットで、アンパンマンのキャラクターの顔をはずしたりはめたりして遊べます。
マットとしてだけじゃなくて、組み立て方によっては、ボックス型にしたり、小さなおうち型にして遊ぶこともできるようです。(詳しくは上の画像をクリックしたサイトで説明があります。)
赤ちゃんのいる家庭というより、2~3歳の子がいる家庭で、ジョイントマットとしての用途以外にも遊び道具感覚で使うには良いかなあと思いました。

④【タンスのゲン】木目調ジョイントマット 32枚入り 4,990円

サイズ:縦61.0×横61.0×厚み1.0cm
値段;32枚入り 税込4,990円

The ジョイントマット!という感じではなく、木目調のジョイントマットお部屋を全に且つおしゃれにもしたいなら、この木目タイプが良いと思います。
赤ちゃんのいる家庭ではなくても、フローリングにキレイに貼ると、床がおしゃれになりそうで素敵です!色も何パターンかあります。

タンスのゲンは、ジョイントマットの商品を他にもいくつか販売していて、防音性や汚れへの強さ、ノンホルムアルデビドなど、品質には安心できそうです。
1枚が60cmと、他のメーカーのジョイントマットより大判なのが特徴で、大判のほうが設置も楽で、ずれにくいと言ったメリットがあるそうです。
ちなみにタンスのゲンのジョイントマットのサイズは、ここに紹介している以外にも、3畳用~12畳用まで色々なパターンで売られているので、各家庭にあったサイズのものを探しやすいですよ。

⑤【タンスのゲン】大粒天然コルクジョイントマット 24枚入り 3,980円

サイズ:縦46.0×横46.0×厚み0.8cm
値段;24枚入り 税込3,980円

上と同じくタンスのゲンのジョイントマットの天然コルク版です。
天然コルクのジョイントマットは、通常のジョイントマットと同じく衝撃に強く、防音・防水などの効果があるのに加えて、通気性・弾力性がより優れていると言われています。
特にこの商品は、大粒の天然コルクなので、湿気がこもったりすることはなさそうですよね。

ただし、天然コルクの欠点として、特に使い始めしばらくは、コルクの屑のようなものがポロポロ出てくることがあるようで、表面が屑でざらざらしているように感じたりするようです。
こまめに掃除機などでとっていれば、そのうち気にならなくなるみたいですが。

⑥【アイリスオーヤマ】ジョイントマットコルクタイプ 36枚入り 4,000円

サイズ:縦31.5×横31.5×厚み0.8cm
値段;36枚入り 税込4,000円

コルクタイプのジョイントマットでもう一つ、こちらはアイリスオーヤマのジョイントマットです。
ただし、こちらの商品は天然コルクではなく、「コルクタイプ」なので、素材としてはEVA樹脂のものです。
天然コルク特有の、コルク屑が出るといった欠点は嫌だけど、コルク風のマットを楽しみたいという方に良いんじゃないでしょうか。
もちろん、EVA樹脂特有の変形や色あせなどのデメリットはあるかもしれませんが。

私がタンスのゲンのコルクマットを選んだ理由と使ってみての感想

ということで、主には上で紹介した6つのジョイントマットで迷った結果、我が家では⑤のタンスのゲンの天然コルクマットを購入しました。

このジョイントマットを選んだ理由は主に以下4点です。

<選んだ理由>
① EVA樹脂の欠点=フローリングへの色うつりや、変形が嫌だったから。
② 湿気がたまってダニが出たりするのが嫌だったので、より通気性が良いコルクが良かった。
③ 欠点であるコルク屑は、頑張って掃除しようと思った。
④ サイズが45cm、24枚入りというのが、我が家にとって使い勝手が良かった。

特に②ですが、私がベビーシッターをしていたとき、託児施設や訪問したいろんな家庭でジョイントマットを使っているのを見たことがあるんですが、EVA樹脂のジョイントマットは、クッション性はすごくあるんですが、通気性があまり良くなくて、なんとなくマットの下に熱や湿気がこもってる感じがすごくしました。
逆に冬場は保温性があって良いのかもしれませんが、梅雨の時期や夏場は、ダニやカビが怖いと思いました。

あとは、しっかり裏面をこまめに掃除してあげないと、食べカスやこぼしたジュースなんかが残っていると、ダニやカビの住処になっちゃいそうな感じが……まあこれは、天然コルクでも同様かもしれませんが、EVA樹脂のほうがよりその危険性を感じました。
ということで、天然コルクが良いなと思い、お値段もお手頃なタンスのゲンのコルクマットを選びました!

まだ赤ちゃんはいませんが、実際に敷いてみて2週間ほどたつので、使ってみての感想も少し書いておきます。

<使ってみての感想>
① 通気性は良い!暑くてジメジメした日でも、今のところフローリング床に湿気で貼りつく感じなどはない。
② コルク屑は確かに出る! ただしそこまで気になるほどではないので、ちょくちょく見つけたら掃除機で吸い込んだりしてれば問題なさそう。
③ クッション性は、よくあるEVA樹脂の分厚いものには若干劣る気がするけど、弾力があるので赤ちゃんの頭を衝撃から守るには十分そう。
④ 思ったよりもつなぎ目が全く見えず、ジョイントマット感がなくオシャレ。

ということで、今のところは気にしていた通気性を中心に使用感には満足してます♪
④については、特に購入前はメリットとして上げていなかったんですが、実際敷いてみると、ぜんぜんつなぎ目が見えなくておしゃれなコルク床みたいになって喜んでいます(^^)
写真じゃわかりづらいかもしれませんが、こんな感じ↓で、近くでよく見ないとつなぎ目がわかりません。

また使っていて何か気がついた点など出てきたら、追記しようと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。