DWE(ディズニー英語システム)を中古ではなく正規購入し、且つWFC(ワールドファミリークラブ)に入会した理由

DWE(ディズニー英語システム)の購入を考えるとき、「正規で買うか、中古で買うか」ということは、おそらく皆さん一度は考えるののではないでしょうか。
それと同時に、正規購入でしか会員になることができないWFC(ワールドファミリークラブ)入会の必要性なども検討することになると思います。

我が家もこの問題についてはもちろん検討し、結果として正規購入&WFCにも入会という一番やる気のある感じの選択をしたのですが、一応コスト面なども考慮した上で、この結論にいたりました。
ということで今回は、前回のDWE購入経緯に続き、DWEを中古ではなく正規購入した理由と、WFCに入会した理由について書きたいと思います。

DWE(ディズニー英語システム)購入しちゃいました!購入にいたった経緯について

2018.04.27

DWEを中古ではなく正規購入した理由

DWEは、中古品も結構出回っていて、中古だと物にもよりますが、だいたい正規購入の半額前後で購入することができるようです。
未開封やほぼ未使用の品も多くあったので、最初は、「中古で良いんでは?」とも思ったのですが、我が家が結局正規購入したのは、正規購入すると「教材の保証制度(壊れたCDや破れた本などを無償で修理・交換してもらえる)が適応になる」という理由が一番大きかったです。

教材の保証があると何が良いかと言うと、
① 子どもが本やカードを舐めたり破いたりするのに神経質にならなくて済む。
② 2人目、3人目の子どもができても、同じ教材を修理・交換してもらってずっと使い続けることができる。
③ 最悪、必要なくなった教材が出てきても、新品に交換してもらった上で中古販売サイトで売れば良い。

という感じのメリットが考えられます。

③は少しせこいですが、万が一上手く活用できなくても、売ってしまえば結局中古で購入したくらいの金額になるんじゃないかな?と思えたのが、正規購入を決意した大きな理由になります。

もちろん正規購入するメリットは教材の保証制度以外にも、アウトプットの機会が多いことや、教材を活用する方法のサポートを受けることができる教材を進めるモチベーションになるCAP制度があるなどさまざまあります。
これらのメリットは主に、WFC(ワールドファミリークラブ)会員であることによって受けることができるメリットですので、次の項目では、このWFC会員について簡単にまとめつつ、私がWFC会員として正規購入することを選んだ理由を説明します。



WFC会員になるメリット&デメリットと、私がWFC会員になった理由

DWEを正規で購入しようとすると、当然のようにWFC(ワールドファミリークラブ)の会員になることが勧められます。
アドバイザーさんによると、正規で購入する人のほとんどはWFCに入会するそうですが、WFC入会なしで教材のみを正規購入することもできます。(WFC入会なしだと、教材の保証制度は購入後1年間のみ有効になります。)

そこでまず、WFCのメリットとデメリットをまとめた上で、私がなぜWFC会員として契約したのかを説明します。

WFC会員になるメリット

① 教材の保証制度がある。(WFCクラブ会員である限り、通常1年間の保証期間が過ぎても教材を無償で修理・交換してもらえる。)

② 初回契約時に会員になると、教材を会員割引価格で購入することができる。

TE(テレフォンイングリッシュ)と言って週に1回、英語で電話レッスンを受けることができる。→アウトプットの機会。

④ WFC会員限定の楽しい英語のイベントに参加することができる。(ただし別途参加費用は必要)→アウトプットの機会&モチベーション維持対策。

CAP制度と言って、教材の段階ごとに課題が設定されていて、課題をクリアするとその課題の色の帽子をもらえる制度がある。→モチベーション維持対策。

⑥ WFC会員サイトで会員同士で教材活用方法や友達作りなどの情報交換ができたり、会員限定の情報誌が定期的に送られてくる。→モチベーション維持対策。

⑦ 子どものお誕生日と、子どもの日、クリスマスに毎年プレゼントが送られてくる。→ モチベーション維持対策。

こんな感じで、WFC会員になると、教材保証や初回購入時の割引に加えて、アウトプットの機会やモチベーション維持のための機会がたくさん用意されているというメリットがあります。



WFC会員になるデメリット

月会費が発生する。月会費は以下の通り。
 マタニティ会員(長子が生まれるまで)→無料 / ベイビー会員(長子が18ヶ月になるまで)→月額1,296円 / 正会員(長子が19ヶ月以降)→月額3,348円
 ※子どもが増えても月会費は変わりません=子ども1人分の月会費のみでOK。

② 子どもがアウトプットを始める前の小さいうち(ちょうどベイビー会員くらいの時期)は、TE(テレフォンイングリッシュ)やイベント参加、CAP制度などの会員サービス活用メリットをあまり感じられなさそう。(だからその期間の月会費が安く設定されているんだと思いますが。)

一番気になるのはやっぱり月会費です。
英会話教室などよりは安いとは言え、ただでさえ高い教材なのに、さらに毎月固定で支出があるのは苦しいですよね。。

私がWFC会員になった理由

ということで、WFC会員でい続けるべきかどうかは、月会費と会員サービスの活用具合を上手く天秤にかけて検討していかないといけないなと思いますが、取り急ぎ私が契約時にWFC会員になった理由は単純で、「そのほうが教材の購入コストが下がるから」ということです。

最初は、「子どもが1歳~1歳半くらいになるまでは会員じゃなくて良いかな?2歳近くになってちゃんと使いこなせそう、アウトプットの機会も欲しいと思ったら会員になれば良いのでは?」と思っていました。
あるいは逆に、使いこなせないので教材を売ってしまいたい…と思ったときにいったん入会して、壊れた教材を修理してもらった上で売れば良いじゃないか?とも考えていました(^^;)

しかし、よくよく考えてみると、WFC会員として教材を購入するのとしないのとでは、購入時の割引額が大きく異なります。
WFC会員は、入会後6ヶ月間は休会や退会できないという決まりがあるのですが、最低6ヶ月間、月会費を払い続けたときのコストを考えても、WFC会員として教材を購入して割り引かれる金額のほうが大きいということに気がつきました。

さらに、最初の契約時にWFC会員にならずに後でやっぱり会員になりたいと思った場合、WFC入会費が25,000円かかりますが、契約時にWFC会員になれば入会費の25,000円は無料になり、もしもその後退会して再入会したとしても、再入会費用は12,500円で済みます。
よって、WFC会員のサービスを活用できるか例え迷っている場合でも、とりあえずWFC会員として教材は購入しておき、員を継続するかどうかは、6ヶ月間経ってから決めたほうが金額面で損がないとうことです。

さらに、さらにで言うと(笑)、私の場合は妊娠8ヶ月目のマタニティ会員からのスタートになります。
なので、最低会員でい続けなくてはいけない6ヶ月間のうち、なんと最初の3ヶ月間は月会費無料で、子どもが生まれた後の残り3ヶ月間のみ、ベイビー会費を3ヶ月で計3,888円支払えば良いだけなので、圧倒的にWFC会員として教材を購入したほうがお得ということに気がつきました。
※マタニティ会員の期間も、WFC会員を最低継続しなくてはいけない6ヶ月間に含めて良いのか、アドバイザーさんを通してワールドファミリークラブに確認をとりましたので、間違いありません。

ということで、契約時はとりあえず深く考えずにコスト面だけを考えてWFC会員になることを選んだということです。
今後、半年経ってもWFC会員でい続けるかどうかはまだわかりませんが、取り急ぎ今活用できることはしておこうと、WFCの会員サイトをじっくり見たりTE(テレフォンイングリッシュ)のママ&パパ向けのレッスンを早速受けてみたりしています♪
次回以降は、そのあたりのマタニティ期間中の私の取り組みについても、紹介できればと思います(^_^)

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。