DWE(ディズニー英語システム)購入しちゃいました!購入にいたった経緯について

こんにちは、ねむママです。
今から約3週間前、妊娠8ヶ月に入ったばかりの頃、DWE(ディズニー英語システム)を購入しました!マタニティの正規会員です。
購入したのは、ミッキーパッケージ+G(ミッキー・マジックペン・セット)です。
※DWEって何?という方は、こちらから簡単な概要を見たりサンプル請求ができます。

これからちょくちょく、DWEについても更新できたらと思っています。
とは言え、まだ子どもはお腹の中から出てきてもいないので笑、すこーしずつの更新になるとは思いますが。

まずは、私がDWEの購入にいたった経緯について、それまで頭の中で考えたことと合わせて綴っておきます。

DWE(ディズニー英語システム)を中古ではなく正規購入し、且つWFC(ワールドファミリークラブ)に入会した理由

2018.04.30

DWE購入までの経緯その1~ 「総額10万円くらいじゃない?」という無知な状態でアドバイザーの無料体験を受ける

我が家のDWE購入の経緯は以下のような感じです。
他の方がどうかわかりませんが、事前の下調べがかなり薄い状態で、大した興味もないままサンプル請求&無料体験と進んだところが特徴かと思います(笑)

<3月中旬> 通販大手のベル〇ゾンで商品を買ったときに同封されていたディズニー英語システムのチラシを見て、無料サンプル(CDやDVDがもらえる)請求ができると知り、特に深く考えずサンプル請求してみる。

この時点でDWEについては、たまに見る育児ブログなどで「自宅で行う英語教材ならディズニー英語が良いらしい」という記事を何度か見ていたくらいで、詳しい内容やもちろんお値段も、まったく知りませんでした。
私としては、そもそも英語の早期教育が必要なのかさえ迷っていたくらいで(どうせそのうち翻訳機とかできるし…とか思って)、ただあまりにも英語教育に無知すぎるなと思って、英語教育ってどんな感じなの?という勉強のためにも資料請求してみた感じです。

<3月下旬> 無料サンプル到着。サンプルCDやDVDについては「なるほどー」くらいの感想。ただ、アドバイザーによる無料体験を受けるとミッキーorミニーのパペットがもらえるというのにつられて、早速無料体験を申し込む。

サンプルのCDやDVDを見たり、資料を読んでみたものの、それだけでは正直すぐに「良さそう!契約したい!」とまでは思いませんでした。「ディズニーのキャラクターで学べるのは楽しそうだなあ」くらい笑。
ただ、アドバイザーさんによる自宅での無料体験を受けるとミッキーかミニーのかわいいパペットがもらえるということを知り、生まれてくる子どものためにまだおもちゃを何にも用意していなかったので笑、無料体験を受けることを即決!しました。
実際もらったパペットはこれです↓かわいい♪

怖いのは、この時点では旦那さんに適当に「これ全部買ったら高いらしいよー!10万円くらいするんじゃない?」とか言っていたくらい、DWEの金額について無知だったこと!
今思うと、このとき10万円でも高いと思っていたのに、よく契約したなという感じです(;’∀’)
本当のお値段を知らないまま、久しぶりに自宅に人を呼ぶということで(例え営業のおばさまであろうと)、意気揚々とお部屋のお掃除をしたりしてアドバイザーさんが来る日を待ちました♪笑

<4月上旬> 平日に1人でアドバイザーさんによるDWE無料体験を受ける。実際の金額を知り驚愕する(笑)。教材内容は良いと感じたので、正直この驚愕の金額でさえなければすごく欲しいと思った。

無料体験を最短日程で申し込み(はやくパペットが欲しい笑)、平日の10時~12時15分くらいまでの計2時間強、教材の体験やアドバイザーさんによる説明を受けました。
ちなみに、体験予約の際にアドバイザーさんからは、「ご主人も是非一緒にお受けいただきたいので、休日でも伺いますよ」と言われましたが、私としては、もししつこい営業にあった場合、「主人に相談しないと決められないので…」と言って逃げようと思っていたので(笑)、あえて平日で1人で説明を聞くことを選びました。
ただ、2時間強の内容を後で旦那さんに要約して報告するのは骨だったので、それなりに真剣に考えているなら最初から一緒に体験受ければ良かったと思います。私の場合はまったくそんな意気込みはなかったので仕方ありませんが。。

実際に体験を受けてみて、あまりにも無知だった私はその金額に驚いたのはもちろんですが、何より始めてみるDWEキッズたちの英語力に驚き、これから生まれてくる我が子がこんなふうにペラペラ喋りだしたら面白いだろうなーと妄想しながら楽しみました。
アドバイザーさんはイメージ通りのおばさま(すみません…)でしたが、特にしつこい感じはなく、最初から「ご主人と相談しないと決めれませんよね」という感じで、本当はその場で契約をするともらえる特典を、1週間後でもOKとしてくれると言って帰っていきました。


DWE購入までの経緯その2 ~ 無料体験後、旦那帰宅までにDWEの「①メリット&デメリット」「②競合比較」「③論点」を整理してみた

無料体験を受けた日の午後、旦那さんに正確に内容を共有するために、自分の中で①DWEのメリット&デメリットと、②競合比較、③契約するか考えるにあたっての論点を整理しておくことにしました。

①私が考えるDWEのメリット&デメリット

<メリット>
●インターナショナルスクールや英会話教室に通う(通う年数にもよるが)よりは安い。
●第二子、第三子にも追加コストなしでそのまま教材を使うことができる。
●週1の英会話教室だと、しっかり自宅で予習復習しないと結局身につかないけれど、DWEはそもそも自宅で毎日取り組むのが前提の教材。
●小さいうちから始めれば、勉強じゃなくて遊び感覚で英語学習を進めることができる。
●3歳前から始めれば、とにかくリスニングと発音には強くなるはず。学校の授業で困らない。
●高校3年生の文法まで入っている。(競合教材は小学校入学準備レべルが多い。)
同じ文法が絵本、CD、DVD、カードなどで連動して繰り返し出てくることで、自然と覚えられるように教材が体系化されている。
●パパママが「教え込む」必要はない。遊ばせておけば自然と身につく仕組み。

こんな感じ。
この中で個人的に特にメリットに感じたのは、下線を引いた「教材の連動性&体系化」の部分です。
英語の聞き流しや絵本、DVDによる学習なら、こんなに高い教材を買わなくても色々自力でCDや絵本を集めたらできるんじゃ??と一瞬考えたのですが、DWEのシステムを知ると、自然と文法が身につくように、CD、DVD、本などなど各教材が上手く連動していて、また、例えば過去形や現在進行形などの文法も、子どもが見るだけで自然と理解できるような仕組みになっていたので、ここまで体系化された教材を自力で準備するのは無理だなと納得しました。

<デメリット>
●とにかくとにかく金額が高い。
●3歳を過ぎると好き嫌いが出る可能性がある。
●飽きずに使い続けられるかは、親の働きかけやその子次第?
●ワールドファミリークラブ会員(年会費必要)になるか、英語の話し相手が身近にいないと、アウトプットの機会は少ない。

やっぱり一番は金額です。
あとは、自宅教材なので意識しないとアウトプットの機会が少なくなってしまうという点ですかね。(ただ、次の競合比較で述べますが、DWEは他の自宅教材と比べるとアウトプットの機会が多くなるようにできているようでした。)

②DWEと競合教材の比較

下調べほぼなしで体験まで受けた私ですが、体験後に調べてみたところ、似たような自宅英語教材はDWE以外にもベネッセのWKE(ワールドワイドキッズ)七田式のパルキッズアルクHNKのえいごであそぼプラネットなど、色々とあるようですね。
それぞれの教材の特徴や比較については、他に詳しいサイトがたくさんあるのでここでは触れませんが、それらのサイトの情報を見て私なりに感じたDWEの特徴を簡単にまとめると、

● 金額は圧倒的に一番高い。
● 自宅教材の中では一番レベルが高い。(高校3年生レベルまでの文法や、語彙量)
● アウトプットの機会が一番多い。(ワールドファミリークラブ会員の場合)

この3点かなと思いました。
よって私の中では、自宅教材だけでリスニング&スピーキングをそれなりのレベルまで目指すならDWEで、耳を慣れさせておいたり英語に少しでも馴染みを持たせておく程度であればDWEより安い他教材でも良いかなという結論にいたりました。

③契約を考えるにあたって我が家の論点は?

DWEの良さや欠点が分かったところで、契約するかどうか考えるにあたっての論点は何かを考えてみました。
そのとき考えた論点は、とっても単純ですが以下です。

『子どもの英語力、どのくらいを目標にするのか』

正直、これについて旦那さんと話したことがなかったので、これを決めないことには始まらないなと気がつきました。
そして、目指すところが決まれば、自ずと以下のように道が決まってくるのかなあと思いました。

①小学校でみんなと一緒にスタートできれば良いと思うなら、→ 英語教育は特に何もしなくて良い。
②小学校入学前に少しでも英語に慣れさせておきたいなら、→ 週1で英会話教室に通ったり、DWEより安価な自宅学習教材に取り組めば良い。
③小学校入学前に少しでも英語に慣れさせておきたい+大きくなってからの習得が難しいリスニングやスピーキングを少し有利な状態にしておいてあげたいなら、→ DWEが良い。
④バイリンガル・英語ペラペラを目指したいなら、→ インターナショナルスクールで毎日英語漬けが良い。
※DWEでも④のバイリンガルや英語ペラペラ状態を目指せるのかもしれません(実際そうなったキッズたちもいるようです)が、色々調べた結果、頻繁にイベントに参加してアウトプットの機会を増やしたり、追加で英会話を習ったり、他の教材を併用したりする必要がありそうだったので、あくまでもDWEのみの場合目指すレベルは、③の英語耳と発音の優位性までかなあと今のところ私は思っています。



DWE購入までの経緯その3 ~ 旦那さんに相談し、DWE契約を決意!

ということで、アドバイザーさんの無料体験を受け、その後自分の中で情報整理を行った上で、その晩、旦那さんにDWEについて内容を共有し、相談してみました。
サンプル請求時点では、「全部で10万円くらいじゃない?」と適当に言っていたので、もちろんまず始めに、フルパッケージ購入だと100万円近くなるという事実を伝えました!!笑

その上で、論点だと思った『子どもの英語力、どのくらいを目標にするのか』を話してみたところ、旦那さんは英語教育について以下のような考えをお持ちでした。

『英語は、音楽と同じで小さいときに経験しているかいないかで、小学校で始めたときに差が大きいもの。
ピアノとか習っている子であれば、当たり前のように楽譜が読めるし歌も音程通りに歌えるけれど、音楽はじめて!な子は、楽譜は読めないし下手すれば音痴と言われる…。
これが主要教科じゃない音楽ならまだ良いけれど、今後小学校から主要教科になっていく英語だったら大変!少しでも英語に慣れた状態にしておいてあげたい。』

確かにアドバイザーさんも、英語教育は音楽と似ていると言っていました。旦那さんも私も小さい頃からピアノを習っていたので、音楽を例にして考えるととても分かりやすかったです。
絶対音感は幼少期にしか身につかず(≒幼少期により身につきやすく)、その後しばらく音楽から離れても、その力はなくならないと言います。
英語も同じで、英語耳や綺麗な発音のための口の筋肉は幼少期しか身につかず(≒幼少期により身につきやすく)、しばらく英語から離れて大人になって久しぶりに英語を聞いても、幼少期にやっていた人は取り戻しやすいと聞きました。

ということで、正直それまでは「英語は小学校でやってくれるならそれだけで良いんでは?」くらいに思っていたときもある私でしたが、旦那さんと話した結果、バイリンガルとまではいかなくても、小中高の学習で困らない(できればちょっと優位な)くらいにはしておいてあげたいな!という考えになりました。
しかもこれからの時代、後からでも身につきやすい「読む」「書く」以外の、「聞く」「話す」が、センター試験など入試にも導入されるとか、中学から英語の授業はオールイングリッシュになるとか色々考えると、中途半端な教材ではなく、DWEくらいしっかりとしたカリキュラムで学ばせておいてあげたい、と思いました。

ということで、我が家の目指すレベルはまさにDWEレベルだ!ということで笑、DWEの契約を決意しました。
ちなみに私もですが、旦那さんもディズニー大好きです♪それも理由の1つになってたりするかな?(^_^)

 

今回はここまでで、また次回以降、中古ではなく正規会員になった理由や、マタニティの私の取り組みなど、少しずつ紹介していければと思います。

DWE(ディズニー英語システム)を中古ではなく正規購入し、且つWFC(ワールドファミリークラブ)に入会した理由

2018.04.30

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。